週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次のページ

春ジャガ植付け

カテゴリー  【野菜畑の春 】

25日、ようやくジャガイモを植えた。
うららの気候のようだけど、それでもまだ朝の気温はー3度だったようだ。

向かいの元社会科の先生(想像)やY師匠も今日植えたとのこと。

今日は一人でしかも昼過ぎから来たのでてっとり早くしないといけないのに、おしゃべりが多い。
メークイン植付けまずは「メークイン」から。
2つに切って草木灰をまぶす。


メークイン」だけでほぼ一畦つかってしまった。
残りに田舎から送ってきた北海道の「男爵」を植える。(おいしかったので)
春ジャガ

予定にはなかったが急きょ、もう一つの畦に「インカの目覚め」も植えていく。
芽キャベツの間にも植えて、ここも残りに男爵を植える。

籾殻が切れてしまったので「社会の先生」にならって黒マルチをしておく。
芽が出てきたらマルチに穴をあけるのだ。

スタールビー」と「ホッカイコガネ」がまた、まるごと残ってしまった!
いつもの事ですが、植える場所がなーい!

今日の目的のもう一つ、初挑戦でトマトの種を蒔く。
プランターにポッド播きしたが発芽適温が20度から30度の間だ。
タキイ 中玉トマト ルイ60不織布で覆ったが無理かな?・・・

家に持ち帰るほうが良かったかなと思いつつ置いて帰る。
まぁいいか、Tommorow is another day!


ブログランキング

スポンサーサイト
次のページ

里山オーナー制度

カテゴリー  【山里あれこれ 】

里山オーナー制度というのがある。
私が通う農園でも里山オーナー制度の活動をしている。

人工林は間伐したり下草を取ったり枝打ちしたり等の管理が必要だ。
そうしないと山自体が荒廃して、ますます人の入れない山になる。

だが今は、山間部の人口の減少、過疎化によってこうした山の荒廃に拍車がかかっている状態だ。

そこで都市部他から人を呼び、里山保全の範囲内で各自、自由に使える貸与制度が各地で行われている。
もちろん、間伐等の管理をすることが条件だ。

この地域でもオーナー制度が始まって3年。
1区画1000m2で20数区画が定例会等を行いながら管理している。
共有の広場やテラスを作ったり道や橋を作ったりしつつ、個人で椎茸栽培や遊具を作ったりしている。
以下写真は里山オーナー地域とは無関係です。
森1


畑とは違い、協同作業が多い。危険も多い。
体力も必要なので、会員が皆平等に作業していくことは不可能だ。
不平不満を言い出したらきりがない事になる。
共同体としての結束が不可欠な作業である。

森2


機材も必要、知識やスキルも必要な事が増えてくる。
一人で自由にはできない作業なのです。
(だからこそ、過疎化、高齢化した地域では管理不能なのです)

森3


制度としてはかなり難しいものがありそうですが、みなさんよく頑張っています。最初は薄暗く、腐臭がしていた森も明るくなったそうです。
初めて山に入ったときにはみなさん途方にくれたようですが成果は着実に上がっているようです。



森4




森5




森6

写真は全て手持ちです!といっても木に押し付けての撮影です。


ブログランキング

次のページ

Y畑の秘密

カテゴリー  【野菜畑の春 】

偉大なるY師匠の畑です。
Y畑の秘密を探るために防諜写真を先週、撮っておきました。
ミブナにニンニク、チンゲンサイ、ミズナ、シロ菜、ソラマメ、その他なにやらよく分からない野菜らしきものが混在しています。
Y畑1

苗場かとおもいきや、結構このまま大きくなっていくのです。

これだけの畑によくこの種類ができるなと思うほどたくさんの野菜があります。
ごそごそと畦の片隅を掘り起こしては意外な作物を出して見せるのです。
混植

しかも、それがまたよく育っているのです。

こういう風に混在で育てると連作障害を防ぐことができるそうですが、なかなか真似はできないものです。


ブログランキング

次のページ

春が来る前に

カテゴリー  【管理人の生活 】

春分の日 旧暦2月22日大安です。
今日はほぼ一日、家の中にこもっていました。

例によって忘れているだろうとは思っていましたが、
Y師匠がブンタンを取りに来るといっていたので一応待っていました。

    近所にある小西種苗店を久しぶりにのぞいて種を買う。

  • 中玉トマト(20粒 500円もする)

  • リバーグリーン(250円)

  • 青首ダイコン(350円)

  • ホウレンソウ タキイ マゼラン(1dl 400円)

  • シカクマメ (250円)

  • ポピーが安かったので1つ買う(120円)

ポピー
120円はお買い得
EF85mm F2.5



WBCの決勝が、なかなか良い試合だったのでずっと見入ってしまう。
とっても感動してしまう。

娘の部屋のクローゼットの中、引っ越してきたままのダンボール箱があるので、開けてみるように言ったら、2箱とも私の本だった。
自分が片付ける羽目になってしまった。

WBCを見ながら片付ける。
リビングじゅうに本が広がって大変なことに。
結局ダンボール1箱分を処分する。

ポピーを鉢に入れてついでにアンスリウムの植え替えもする。

今日は家族全員揃っているので遅ればせながら雛祭り
手巻き寿司で祝う。

雛人形
レンズEF85mm f1.8
ISO1600 F8


夕方Y師匠から電話がある。
急用ができて行けなかったと・・。
多分WBCがあるのに気がついたのだろう。

充実した1日のような気がする1日でした。


ブログランキング
次のページ

飛行機の見える市民農園

天気がよさそうだったので伊丹空港へ行ったが、
とっても寒かった。
ミゾレ混じりの突風の吹く中三脚立てて、「寒いのにごくろうなヒコーキオタクのおっちゃん」になっていた。

飛行機撮影時に無断車置き場にしている場所の横に市民農園がある。
このあたりは吾が菜園とは違い、暖かいので野菜がみんな大きくなっている。
感心しながら眺めていたら、この上も着陸直前の飛行機が通過した。

飛行機の見える市民農園1


ジャンボ機の見える市民農園2


今でこそ、関空や神戸空港ができて上空通過もかなり減ったはずだが、マニアのおっちゃんとしてはちょっと残念。
それはそうと、ここ伊丹空港は離着陸コースが完全に市街地の上空になっている。幸い今まで事故がなかったからいいようなものの、使用頻度が減るほどいいのかもしれない。
あの木の向こうから

それにしても、飛行機会社が赤字だらけ、空港プロジェクトも不採算だらけだといっているのに開港ラッシュ!
何を考えているのだろうね。(だいたい想像はつくが・・・)

ランディング直前に左からの突風です。
プロペラ機なので乗客もひやりとしたのかな?
型輪接地



ブログランキング
次のページ

巣づくり_ヤマガラ

カテゴリー  【鳥見入門 】

雨が続きます。
神社の森の中、ヤマガラ巣箱巣づくりをしていました。
ヤマガラ巣づくり

苔のようなものを口に加えたまま、高いところにあがったり、巣箱のそばに下りてきたり、何度も繰り返していました。
「早く写真とってどこかへ行ってよぉ!」
少し後ろに下がると中に潜り込んでしまいました。

イチゴもすっかり根をおろし、新芽がいっぱい出てきています。
イチゴ新芽

来週からはもう少し暖かくなるでしょう。

が大騒ぎを始める準備をしていました。



次のページ

不肖・宮嶋

久しぶりに本を買った。
雑誌、週刊誌、コミックにパソコン関係、鳥関係は良く買うが、小説、読み物は「ローレライ」以来か。

私のなかでは荒木経惟の次に好きな写真家です、不肖・宮嶋こと宮嶋茂樹の「不肖・宮嶋 史上最低の作戦」(文春文庫)という本です。
本当は太陰暦の本を探していたのですが無かったのでつい買ってしまいました。

といってもランダムではなく、一応本当にファンですので。

アラーキーは写真が凄い。不肖・宮嶋はあまり写真をまじまじと見たことがないけど記事がおもしろい。
彼は夜の町でも戦闘服着て写真を撮っているような感じがするところが好きですね。

タイトルの史上最低の作戦
ノルマンデイ上陸50周年記念式典を旧戦勝国が執り行う中、不肖・宮嶋単身突撃で式典会場そばの砲台にドイツ軍の軍服で日章旗を降りに行くというおばかな企画です。
まぁ、そんな話ばかり。


オススメです(^^;)

私もこの不肖・宮嶋のアマゾンリンクに出ている本のタイトルのごく一部しか知らなかったのですが、一度クリックして見てやってください。タイトルだけで十分笑えます。
写真無しで三連投ですね。
実は、ここのところ週末はちゃんと畑しているのであまり写真を撮るひまが無かったのでネタ切れです。


ブログランキング


次のページ

旧暦

カテゴリー  【野菜畑の春 】

旧暦月の公転12回分、354日(29.53×12)と地球の公転365日を組み合わせて、実際の太陽と地球と月の位置に基づいて作られた暦です。

作物の生長や自然現象は旧暦の方が実際に沿っているものだと言う事はアバウトで知っていましたが、毎年かなりのずれがある事を今回知りました。

分かりやすいところで春節(元旦)

2003年
新暦2月1日

2004年
新暦1月22日

2005年
新暦2月9日

2006年
新暦1月29日

2007年
新暦2月18日

これで見る限りでは、最大で1ヶ月近くもずれがある。
来年の2月18日は一昨年では1月22日の気候と同じだと考えないといけない。
新暦の元旦は旧暦では別の日だと知ってはいても、こんなに毎年ずれがある事を知っている人はあまりいないのではないでしょうか。
もちろん農業、漁業の人はご存知でしょう。
私のようなにわか農民は気がつくのが遅すぎるのです。

例えば、私は去年ジャガイモを3月21日(新暦)に植えましたが、これは旧暦の2月12日。
今年の旧暦2月12日は3月の11日(新暦)なのです。

だから、先週、まだ早いと思ったけど、実は先週でよかったのです。
あるいは去年の植付けが早すぎたのです。
旧暦の植付け適時を知らないのでどちらが正しいかは分かりません。
春一番が今吹いていることを思うと旧暦の2月20日ぐらいが正しいのかもしれません。

蒔き時、植付け時は旧暦で知っておかないといけないのですね。

ブログランキング
次のページ

佐藤琢磨、完走!

カテゴリー  【管理人の生活 】

久しぶりのF1だ。18位でもなんでも良い。
この状態で完走しただけでもたいしたもんだ。

昨年のF1は本当につまらなかった、後半戦どころかオープンとモナコ、鈴鹿ぐらいしか見てなかったのでは?

でも、今年は亜久里さんやってくれましたね。
ジャパニーズチームで参戦だなんて、
もう少し夢を見させていただきましょうか。
このばたばたの中、第1回目に完走できるなんて、本当にいいですよ。

ちゃんと録画できる状態にパソコンをセットしておかねば。
今は録画できないので昨日は深夜まで起きていて眠い眠い。



F1なんて云うのも、ガソリンばらまくは、排ガス凄いわ、騒音けたたましいわと、エコ、ロハスには縁遠い世界だけど、なぜか惹かれてしまいます。

やっている人たちにとっては凄い早さでしょうが、TVを見ている限りにおいてはたいしたスピード感も感じず。同じ所をぐるぐる、のんびりと走っているような感じです。
それでもインディとかじゃなくF1を見てしまうのはなんなんでしょうか。

滅び行く美学みたいなものがあるのかもしれないな。
ヨーロッパ没落貴族のデカダンス。
ルキノ ビスコンティがF1映画撮ったら死ぬほど退屈で、最高に美しい映画になってたかもね。


「ぐるぐるぐるぐる、サーキットの同じ所ばかり回っているみたいだけど、そうじゃない。1つの方向を目指しているんだ」

by赤木軍馬

そうだ、F REGENERATION 瑠璃】by六田登探さないといけない。
すっかり忘れていた。




寂しいので写真を追加しておきます(3月18日)
ちょいと数年前、鈴鹿サーキットを疾走中!(10km/h)ぐらいですが・・・。

suzukaカメラ Gr1s
ネガカラー
EOS20d複写デュープ

今週マレーシア予選も佐藤、井出、ビリだなぁ。

頑張ってください。







ブログランキング

次のページ

お気に入りカメラバッグf64

昨年買ったカメラバッグです。
カメラバッグは撮影スタイルやカメラが変わるたびに増えてしまいます。
コンパクトメインのカメラバッグと一眼の時とでは同じ物は使えません。
自転車で行くとき、車でいく時、電車の時それぞれ違うものを使いたくなります。
そんなわけで、わが家には使ってないものも含めると6個もあるのです。


先日望遠ズームを買ったので必然的にバッグも増えてしまいました。
ヨドバシで探しましたがなかなかいいのがなく。唯一条件を満たしたのがこれ、”f64のバックパック”です。
とっても気に入ってます。

f64カメラバッグ1

ショルダーは型に負担がかかりすぎて重装備はできません。
このバッグだと下にフード付の大きめワイドを2本、85mmを1本入れることができて、更に上にケースに入れた400mmと、その上にデジイチを広角レンズにフードを付けたまま入れることができます。

更に、下のようにすると三脚も収めることができます。
三脚は持ち歩くこと少ないのでまだ使ったことはありません。
f64カメラバッグ2


先日の満願寺もこれかついで登りましたからなかなかハードでした。おまけにそのままの格好でデパートに付き合わされましたので、最後の方は疲れ果ててひたすら沈黙していました。

この前に使っていたショルダー2個です。
旧カメラバッグ_ショルダータイプ


最初コンパクト用に小さい方を使っていました。
一眼を使い出してから大きいのを探しましたが、結局同じ物のサイズ違いにしました。
どちらも通勤カバンとしても利用しています。
なかなか便利です。
f64はさすがに通勤には使えません。
大きいけれど、本、書類、一切入りませんので。


ブログランキング
次のページ

 | HOME : TOP

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
02月  «  2006/03  »  04月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。