週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次のページ

つま恋2006

今年もまた、去年と同じ方のところの栗を購入しました。
丹波栗 3L 1kg
あまりたくさんあっても皮をむくのが大変なので、
1kgだけにしておきました。


そんなわけで日曜日は夕方から皮むきが私の仕事。


土曜日に娘に録画しておいてもらった「嬬恋20006」の1~2部を見ながらせっせと皮をむきます。3部は畑から帰ってきて生で見たので録画はありません。(実は4時で終わりと思っていたのです)

よかったねぇ!拓郎さん!
また集まれてよかったねぇ。

よかったねぇ、今この瞬間!
あの時代を過ぎてきて良かったねぇ!

音楽が娯楽だけではなかった時代。
明日を見据える道具でもあった時代、
生き様と切り離せなかった時代。

そしてその延長上にある今。

♪♪ あー青春は、燃える陽炎か・・・・♪♪


スポンサーサイト
次のページ

オニヤンマに噛まれる

カテゴリー  【山里あれこれ 】

渡る世間にオニヤンマ!

オニヤンマ 待ち伏せこいつは草にぶら下がって擬態で待ち伏せ。
そばを虫が通りかかった瞬間すばやく襲い掛かる。
美しい容姿とは似つかぬ恐ろしいやつでございます。



ここへ来るようになるまでは高山にキャンプに行ったときにまれに見るぐらいでした。
今は毎年確実に見ます。

オニヤンマ、もっと大きいような気もしていたのですが、これもオニヤンマ(だとおもいます)コオニヤンマ、オオヤンマ、ミナミなんとかヤンマと、よく似た種類が何種類かあります。

オニヤンマ

写した後、カメラを左手に持って、うかつにも片手でトンボの片羽を捕まえたところ、思いっきり噛まれて歯型がくっきり!
血が出てきました。

後で調べるとオニヤンマに噛まれると痛いよって書いていました。


次のページ

週末畑は発酵堆肥を作れるか

秋ですね。
落ち葉の季節です。
これぐらいの季節になると堆肥を作りたい!」
と思うのです。
落ち葉が美味しそうに、そしてもったいなく見えてしまいます。
山道を走っていても、あ~、堆肥ぃ!と目移り甚だしく・・・。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

それで、本を引っぱり出してくるのですが、読み進むといつもあるところで引っかかってしまいます。
温度管理と切り返しです。
発酵分解して70°Cぐらいになった段階で切り返しを行い、温度を下げ、乳酸、酵母菌発酵に切り替えてやらないと、アミノ酸が無機質にまで分解されてしまいあまり良いのができないとのこと。

だいいち、今どの状態なのか、週に1回の検温じゃぁ判断できるわけがない。
登りなのか下りなのかもわからない状態では、できているのかできていないのか?
最終的にできあがったのかさえもよく分からない。

そういうことで、毎年あきらめていたのです。
まぁ、実際には考えるまもなく時期が過ぎてしまったという要素が大きいのですけど。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

今年も考えていました。・・・・・

「そうじゃ、温度さえ記録できたらええのじゃな。」
「といってもなぁ、今更8bitCPUボード買ってプログラミングしてなんて無理じゃなぁ。・・・」
「そういやぁ、データロガーっていくらぐらいするもんじゃったかのぅ?」(昔話かい)
「・・・・・」
「なになに、オンドトリJr?1万6千円!?ホォー案外安いものなんじゃな。わしゃ10万ぐらいするんじゃ思とったんで検討したこともなかったわい」
「よっしゃぁ、これならワシでも手が届くんじゃ。検討してみるかいのぉ・・・。」

ということで、わかりにくいWeb上の資料をひっくり返して調べたところ、このセットが良いのではという結論に達した。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

RTR-52  17,640円






  • 1ch外付センサー付き

  • 測定範囲:-60~155℃

  • 記録間隔:1秒~60分 計16000データ

  • 防水性能:JIS4級(防まつ型・生活防水)

  • 無線方式:特定小電力無線(ARIB STD-T67)

  • 伝送距離:100m見通し良好直線

  • 動作環境:温度:-40~80℃

  • データコレクター:RTR-57C

  • ソフトウェアー仕様:動作環境:Windows/98/Me/Nt4.0/2000/Xα


と、(無線データ収集装置)のRTR-57U 36、540円とのセットで温度データを収集できます。


端末部はまぁ手頃かなと思いますが、データーコレクター部がちょっと高いですね。無線じゃなくてもっと原始的でも良いのですけど。
どうも他にはなさそうです。



・。・゜★・。・。☆・゜・。・

必ずしも、データをパソコンに取り込まないといけないことはなく、端末で全て表示できるのなら(要確認)それでも十分です。
とりあえず端末だけ購入してみるべきか・・・・。

RTR-52の方は、
堆肥の奥にセンサーを入れた方がいいだろうから外部センサータイプです。
あと、防水型と温度が70°C以上に耐えられるタイプというのがポイントです。
この機能は無くて十分なのですが、無線でのデータ吸い上げなので端末はセットしたままでデータ回収できます。

以上、もう少し検討してみましょう。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


データは無くてもなんとかなりますが、素材はなければ話になりません。
大量の米ぬかおよび藁をどこで入手するか??(藁は無くても良いが)
これがまず解決しないといけない問題です。

やはりJAに聞くのが手っ取り早いかな。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


次のページ

鳥見再開か?

カテゴリー  【鳥見入門 】

久しぶりの鳥見記事。
そろそろ涼しくなってきたので鳥見隊も再開しましょう。

今回のは前回記事と同じ日、全く同じ場所で撮ったエナガ君。
鳥を探しながら、飛行機の音が聞こえたら三脚を回すだけで済むという便利な場所です。

エナガは割とどこにでもいるのですが、小さい上にちょこまかしていてなかなかピントのあった写真さえ撮れません。
今回は向こうから近づいてくれたのでかなりアップで撮れました。
しかし、三脚を据えているのに真上でくつろがれたため、腰がおかしくなりそうな体勢でしばし撮影。
頭上2~3mでした。

エナガ下から一応すべてマニュアルフォーカスです。


エナガ2エナガはチーチーとかぼそい声で鳴きながら群で木から木へと移っていくので「来たな」というのはすぐ分かるのですが、小さくて私の視力では視認できません。少なくとも双眼鏡は必要です。



エナガなかなか会心の合焦です。



とりのなんこモーニング
今週号の「週間モーニング」の表紙はとりのなんこさんの画で、エナガ君も描かれていますよ。



次のページ

伊丹空港・逆アプローチ

このところずっとついでの写真ばかりでした。
今日は久しぶりに朝、重い腰をあげて写真を撮りに出かけました。

といってもいつもの近所の五月山。
もちろん車でです。

台風が近づいているので伊丹空港は今日は逆アプローチ。
伊丹空港 逆アプローチ 旋回何便かは我が家の真上も通過して行きます。


いつも離陸を見ているのに着陸をみると違和感があります。

伊丹空港 逆アプローチ 着陸態勢宝塚の手前で旋回します。
そのまま着陸態勢。

かなり緊張を強いられそうなコースですね。

伊丹空港 逆アプローチ

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


離陸の方も2点。
こちらはモノクロで。
伊丹空港 逆アプローチ 離陸1

・。・゜★・。・。☆・゜・。・





伊丹空港 逆アプローチ 離陸2

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


次のページ

タマネギは!?

カテゴリー  【タマネギ 】

カマキリ窓に昨日(土)はタマネギの種まき日。
やる気まんまんで畑行き。


まずは、今年も早生栗の予約をしてから畑チェック。
ダイコン類の苗が虫に食われている。
ストチュウをかけておく。
キュウリは無いかと思っていたが立派なのがかなりできていた。

台風が近づいているので、キュウリやトウガラシ、シカクマメの支柱を支えなおして、タマネギの苗床を作る。
ピートモスなどをいれて丁寧にならしてできあがり。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

さて、
あれ?「種が?・・・」
見当たらない。
探しても探しても見当たらない。
おいおい忘れたか?・・・。
種まき1周延びてもだいじょうぶかな?

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


「あっ!2年前の種が!」
しょうがない、出るかどうか分からないがとりあえずこれを蒔いておこう。
2年前のタマネギ種という事でこれ。レッドが右です。


(後で探したら、パソコンデスクの中段に埋もれていました)

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


キュウリ、今日の収穫。
鈴成四葉
なかなか立派なのが採れました。
「鈴成四葉」です。



もう、採れないと思っていたので前日スーパーでも買ってしまっていました。
今は高いので貴重です。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


あっ!、ハバネロ君!
ネキリ虫
パックンされていました。
残るは、ベランダの1本のみ・・・(・・)/◆




次のページ

ソアー

カテゴリー  【管理人の生活 】

先週ブログ記事更新しすぎたせいか、今週はさっぱりだ。



ソアー【大空を】

先週の写真です。





リトルベランカのラジコン機




次のページ

またしても虹!

今日は朝から晴れたり雨が降ったり。
夏の空になったり秋の空になったり。

また虹に遭遇してしまいました。
しかも2回も。
今年3度目の虹です。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


3時過ぎに畑を出てお茶屋さんで、昼ご飯を兼ねた軽食をとる。
兼ねるといってもソフトクリームとか冷やし白玉あんみつとかどら焼きでおやつみたいなものです。

その後、奥さんは例によって「しまむら」でショッピング。
私はその辺をうろうろする。

虹Aと稲穂そこで1つ目の虹を発見。
空がくっきりしていて日差しも強烈なのでなかなか鮮明な虹。
しかも、今日はちゃんとPLフィルターの着いたレンズを付けていたので更に鮮明に。



これは、ものの10分ほどで消えてしまいました。
「本日の写真は、こんなもんでええか」と駐車場に戻り待機。
しばらくすると、すごい吹き降りがやってきた。

虹B 2重虹
ふと見上げると虹2号。
まずは2重虹から。


店を出て、しばらく車を走らせたところで1枚。
虹B 岡屋
このときもまた雨が降ってきました。
車を降りてさっと撮ろうとするのですが、出た瞬間メガネもカメラもくもって真っ白になってしまいます。



今日の虹も、なかなか消えない虹でした。
店をかえてスーパーニシヤマで買い物をしている間もずっとでていました。
虹B ニシヤマ空の分かれ目がくっきりと出ています。


虹B ニシヤマ裏余計なものをはずそうとスーパーの裏手に。
黒い部分は刻々と薄れてきました。



・。・゜★・。・。☆・゜・。・


この地域では虹は安定しているのでしょうか?
盆地だから?
それともたまたまかな?

変なお天気の一日でした。









次のページ

収穫の風景

やはり、日本の風景といえば春と秋なのでしょうか。
夏や冬でも日本的なものはたくさんあります。
しかし、これぞ歴史的日本!というのはどうしても春と秋の光景になってしまいます。
豊かな四季があるというのは春と秋がはっきりしていて、そこに大きな特徴があるということなのでしょうね。

栗の実り秋といえば実り、そして収穫です。
暑かった夏は急速に冷えて、山も畑も緑が一気に抜けてきます。


ふと気がつけばすでに収穫が終わってこんな光景が広がっています。

干し藁2

このような風景を見ることができるのは、1年の中でも時間的に短いはず。
ですが、記憶の中の私の少年時代は、いつもこんな景色の中を歩いて学校に通っているのです。


干し藁1
藁はかつては生活のあらゆるところで利用されていましたね。
草鞋や蓑、わらぶき屋根や土壁、麦わら帽子、そして縄とか納豆藁とかストローなんかにも使われていましたね。

月と干しわら
あらゆる分野に有効利用された藁は有害物質も残すこともなく有機堆肥にもなってくれるというすぐれ物でした。



次のページ

幸運のエビスグサ

エビスグサ、決明子の草です。(昨年の記事)
翌年に続けることなど思いも浮かばなく、昨秋の収穫時、種は全て炒ってしまった。
取り置いてある決明子のことすら忘れていた。

ところが、これも1本、畑の片隅で自力成長していたのだ。
エビスグサ

このところの自分の体調不調もあり、再び興味が湧いてきたところだったので、
まさに僥倖の1本!
小さい間は落花生とよく似ているのですがそのうち上に広がってくるのではっきりと区別が付くようになります。

今年は、まくわうりやら、アピオスやら「昨年の忘れ物栽培」ばかりです。
単に珍しいだけのものを栽培して、人にあげて、その数倍の実入りのあるものをお返しに頂いたりしていますので【わらしべ農家】とでも自称しようかと思っています。
僥倖依存農法ですね。

この種を干して炒って煎じた物を「ハブ茶」というのですが、そのハブ茶という名称はよく似た姿形のハブソウという草と混同されているためだそうです。ハブソウという名はハブ(蛇)に咬まれたときに葉をすり込んでいた為とも言われていますがエビスグサでも同様の効果があるのかどうかは私は未確認です。ややこしいです。

決明子の効能は以下のようなものだそうです。
このところ、疲労、特に眼精疲労がひどいのですこし飲んでみます。
【便通の促進、疲労回復、食欲増進、胃腸の強化、眼精疲労や目の充血、高血圧の予防や、神経痛、リウマチなど】

味は結構まろやかで飲みやすいものです。今年は1本しかないので、種を大目に確保しておいて来年にそなえておきましょう。

これはゲンノショウコ
ゲンノショウコ花

下痢の時は決明子にゲンノショウコを混ぜて飲むと良いそうです。
こちらも少し取っておきました。


ゲンノショウコ 乾燥注)トリカブト等に似ているので野生のものの採取は注意が必要です。


実家にあるウコンの株を持ってきてそれも植えようか。
健康農場になりますね。





次のページ

 | HOME : TOP

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
08月  «  2006/09  »  10月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。