週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次のページ

鯛が来た

カテゴリー  【食卓 】

暮れも押し迫った昨日30日。
義兄からクール便が届いた。
開けてみると見事な鯛です。
例年は、渡り蟹が来るのだが今年は採れなかったのかな?

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

鯛


初めての体験が続きますが、
2006年の締めに、鯛の鱗を落として初捌きを体験。
目の前海で育ったのに捌いた事もありませんでした・・(-。-;)。

今日は、骨のところを焼いたのと、お頭、尻尾の煮付けだけ頂きました。
讃岐の鯛かな?

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

30日の夕餉は、師匠に頂いた白菜の鍋と、この鯛です。
30日午後7時

ゴクラクゴクラク。
ご馳走様でした。



続きを読む »
スポンサーサイト
次のページ

初めての冬用タイヤ

今日から休みだ。
カメラを担いで家を出るが、今日はあまり気乗りがしない。
猪名川 道の駅に車を止めてそのあたりを歩いてみるがこれといって面白そうなものもない。
ローソンで昼を済ませて引き返す。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

冬用タイヤを買いに行く事にする。
生まれてはじめてのスタッドレスタイヤの購入です。
オートバックスへ向かいます。

いつものGSで買うかどか迷ったのですが、とりあえず何をどう買えばいいかも分からないので、品揃えのあるオートバックスに行く事に。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

「ほぅ、ええ値段じゃ。(トランパス)セットで8万5千円てか?」
アルミホィール付き?・・・
なんや、ホィール無しでも5千円ぐらいしか変わらんのや。」
「だったら、また、交換するときにホィールの取り付け費とか必要になるやろうからホィール付きを買っていたほうがお得なんやろうな。」

「それにしてもタイヤ、思ったよりでかいな。庭のない家の人はどこに保管しているのだろう?
・・・どこに置こう?・・・小屋に?・・・」

んー・・・・・・・・・・・・・・・・・

30分ぐらいうろうろしてようやく思い切る。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

うちの車のサイズは、205 65 R15なので、とにかく高い!
本来のこの車の標準は215らしいが、なぜか205を履いていた。
タイヤ幅215になるとバーゲン商品がないので、今までどおり、205で選ぶ事にする。
冬用無しでも何とかなるレベルだから、それほどいいのは要らないだろうと、一番安いのを買う。
タイヤ、アルミホィール付き4本セットで71、800円(税込み)
工賃3、150円

自力で交換出来ないことはないが、自分でやったら、後々不安も引きずるし、これぐらいの工賃だったらやってもらった方が確かです。

これで、少なくとも2年は自動車の買い替え無し、決定です。

思いっきり雪の中に出かける事にしましょう。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

【確認事項】
初めての場合、何を選んでいいか悩みますが、最低限、タイヤに表記してある下記サイズだけ確認しておけばだいじょうぶです。タイヤ交換する車に乗っていけば当然、店員さんが見てくれるのですが、サイズによって大きく値段が変わりますのであらかじめ確認していた方がいいでしょう。

見方は・・・。
タイヤ幅(mm) 扁平率 ラジアル リム径 LI(ロードインデックス) 速度記号
205 65 R 15 96 S
LIと速度記号はここでは必要ありません。(某メーカー系サイト)

あと一つ確認必要事項があります。
はずした夏タイヤを持って帰る事ができるかどうかです。
結構タイヤって大きいですね。
小さい車の方、どうされているのでしょうか?
私の場合、車が物置に近い状態だったのでかろうじて積む事ができる状態でした。

これはもう菜園で保存するしかありませんね。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

さて、明日は・・・晴れです。
お正月も、雪はなさそうです・・・。
「(´へ`;



次のページ

たんば・田舎暮らしフォーラム in 宝塚

カテゴリー  【丹波のこと 】

たんば・田舎暮らしフォーラムのご紹介を再度。
第3回は、2007年1月14日、兵庫県宝塚のソリオホールで開催されます。

今回は、『田舎で暮らす』などの著作を出されている田中淳夫氏の講演があります。
移住に限らない週末田舎暮らしや二地域居住など幅広いテーマのフォーラムです。

たんば・田舎暮らしフォーラム無料ですので、お近くの方はどうぞ。
私もちょっとだけ顔を出します。





次のページ

冬眠中につき

カテゴリー  【野菜畑の冬 】

冬眠蛙
ショックを受ける人がいたらいけないので小さな写真にしております。


「・・・さぶいやんけ・・おこすなよ、おっさん」
「てゆうか、どこに寝てんねん。畝ならまだしも畝溝に穴掘るなよな。」
「うーさぶ!さぶいけど目も覚めんわ
ちなみに変換は「目猛者面和」とでました)。」
「文句言うなよ。おまえもう少しで永遠に目が覚めんとこやったんやぞ。」
「そうか、・・・あっいかん!わし、不眠庄やのにだんだん目ぇ覚めてきよったわ。寝られんようなったらいかんからもう寝るわ。おやすみ。・・・」



次のページ

土間のある生活

真鍋家 川之江 重要文化財これは、愛媛県の川之江にある平家落人村にある江戸時代1600年代中期の民家(真鍋家:重要文化財)の間取りです。

これを見ると私が子供の頃住んでいた家とほぼ同じ間取りをしています。
私の家は、この土間の奥にさらに土間の離れがあり、そこが炊事場でした。
それ以外は縁側の位置が違うのと囲炉裏がなかったぐらいですか。
オクの手前の床下は貯蔵庫になっていました。これもこの真鍋家と同じだったようです。
(訂.私のところはオクとマエ、ニワの入り口が逆でしたから、貯蔵庫があったのはマエの方でした)

私が住んでいた家も取り壊したときに江戸時代のものがいっぱい出てきました。
年は忘れましたけど年号を書いたものもありました。
他の地域は知りませんので確かな事はいえませんが、同じ文化の中にいたのでしょうね。

そんなわけで中学2年まで馴染んだ土間生活、懐かしかったりもします。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

今、野菜作り生活をやってみると、懐かしいだけではなく、田舎の生活にはとっても便利なものなんだなという事、改めて実感します。

  • 農作業で泥にまみれた時でも気軽に訪問して交流できる場所。

  • 外には置いておけない収穫物等をとりあえず置く場所として。

  • 汚れ落とし、脱居場所として。

  • 軽く火を扱う場所として。

外と内とのワンクッションとしての役割の土間は大変魅力的なものです。

調べてみましたが、テラスやロフトはあっても土間のある滞在型市民農園はみかけませんね。

こういう土間付きラウベは大変魅力的なものです。
土間のあるクラインガルテン

手前が土間です。




次のページ

聖夜に落花生

またまた因縁めいた話です。
今日は、クリスマスイブ。我が家の女達が買い物に出かけた後、一人で落花生を殻から取り出していた。
落花生の殻剥き



いつものようにDVDを見ながら、作業をする。
先日買った「ブラザーサン・シスタームーン」をかけた。久しぶりとはいえ、もう何十回と見ている映画なので流していただけのような見方です。

「今年の落花生はあきませんね。本当に小粒。取っても取っても量は増えない。」
「去年の1/3かな?」
ひとりごとを言いながらDVDも見る。
「そうだ、ベルナルド、君はこの石になればいい。そして心に石の神殿を築くんだ」
ドノバンの歌が最高だねぇ」

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

フランチェスコ、あなたの貧しさに私は恥じる」
アレック ギネスのローマ法王イノセント3世に謁見する場面を見ていた頃、ふと気が付いた。
「おー!な、なんと!今日はイブじゃないか!」
なーんも意図してなかったにもかかわらず、またクリスマスイブにフランチェスコを見るというシンクロニシティをやってしまった。
この映画自体はそれこそ、たわいもないお話なのですが、なんかフランチェスコがらみになるとどうも共時性を体験してしまいます。
「やはり、私の過去生はフランチェスコの縁の者?・・・」

まぁ、別に今生はクリスチャンでもなんでもないのですけれど。

でも、この第2のキリストといわれるフランチェスコという人間には惹かれてしまいます。

とりあえず、メリークリスマス
メリークリスマス


次のページ

とうがらし

カテゴリー  【野菜畑の冬 】

やばいなぁ、最近どこに何を書いたか、どの写真を公開したのかわけがわからなくなっている。この写真もYAHOO以外にUPしたかどうか思い出しません。

そういえば昨日TVをみていたら痴呆症のチェックをするのに時計の針を描いてみるのが良いと言っていました。
何時何分の時計の針をちゃんと描けなくなるのだそうです。
そんなもの描けるに決まっていると思っていてもイザ描いてみると描けないかも。
私は怖いので描いてみていません。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

さてこの写真はこちらにアップしたのかな?
ダブっていたらごめんなさいよ。チェックするほどのことでもないので。

【誰も来ないたうがらし赤うなる】(種田山頭火)

唐辛子



夕日を浴びて


NHK「知るを楽しむ、私のこだわり人物伝・種田山頭火」も後2回(かな?)
そういえばテキストどこへやったかな?

思い出し話ばかりで申し訳ないのですが、
ベランダのハバネロ君。
実は植え替えてビニール掛けた日からとっても調子が悪くなってみすぼらしい姿になっています。ここ10日程そういえば見てやってもなかったのです。
ごめん。


次のページ

いまだタマネギを植え付ける人

カテゴリー  【タマネギ 】

この時期、まだタマネギを植え付けていました。
しかも終わりませんでした。
12月半ばのタマネギ植付け


左側の細いのが今回植えたものです。
今日は100本ぐらい植えました。
まだ300本ぐらい残っていますがそんなには植える場所もありません。
こうなったら、いつまでできるか試してみましょう。

野沢菜らしきもの。
野沢菜高さ1mぐらいあるものを抱えてかえりました。
家ではこんなでかいもの処理しかねるのですけど・・・。


ごぼう。
ごぼうこれを掘り出すのが大変でした。
雨が多かったので土が柔らかく、まだましでしたけど、先までちぎれずに完全に取れたのはほとんどありませんでした。


チンゲンサイ。
チンゲンサイなかなか見事なチンゲンサイになりました。
え?鳥にさえ食べられなければどれでもこれぐらいになる?



久しぶりに鳥見隊。ぼけぼけです。
ケリ

望遠持ってなかったのでこんな写真しかないのですが、どうやらケリのようです。
この間も川で見かけてなんだろうと思っていたのです。

あれが、教授宅かな?
先生宅


1週空けたのに一人で来たらたいへんです。
追いつきません!!



次のページ

Caplio R4

娘(18才)からサンタさんに至急便が。
「デジカメが欲しい」

奥からも入電あり。
「コトシ、アノコニドレダケオカネガカカッタトオモッテンノ。ゼッタイニ、タカイノカッタラアカンデ」
サンタ(旧)は悩んだ。
「デ、デジカメは妥協できん・・・!」

機種を絞り込む
Panasonic TZ1
10倍ズームに手ぶれ補正・・・。
500万画素だが十分だ。
但し中古(本人には内緒)

ネットで中古を発見。32,000円也。
妥当だな。
土曜日の仕事後、久しぶりに大阪日本橋へ行った。

おー!なんか変わったなぁ。得体の知れない町になっている。
で、「ジャンパラDS難波」へ。

ない!TZ1
お!でもRicohのカプリオR4がある。
10分で機種変更決定!

で今日は試写。
リコーは1cm接写が出来るのです。
a6m2


ドーファン AS365


24日までずっと試写しよう。
その後も頻繁に借りて試写しようと思う・・・。

・・・もう一つ欲しいな・・・。

今日は一人で畑行き。
助手席にも誰も乗ってないので、いままでできなかった撮影をしました。
道道

道道



危険行為なのでみなさん決してまねをしないようにしましょう。
道黒い実


水滴(キャベツ)


(失礼、カメラの機種名間違えていましたG4R4

次のページ

週末田舎の限界

日曜は用事ができて日帰り帰省となった。
よって、菜園はお休み。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


雪のタイムリミットが近づきます。
先週、自前タマネギの苗は10本ぐらいしか定植しなかったのですが、Y師匠によると、
「あぁ?そんなんほっといても大丈夫や。1月でもかまへんで」
とのお言葉故安心しております。

今のままだと密集しすぎているのが問題になるぐらいでしょう。
とりあえず先週も肥料をやり、更に大量の籾がらで覆っております。

収穫しないといけないのはゴボウぐらいかな。
レタスほうれん草は随時だから徒長してもしょうがない。
最悪、しばらく放置する事になっても大丈夫です。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

瀬戸内
四国まで新幹線で3時間半。
3時間切っていたように思っていましたが案外時間がかかりました。


本来なら週末田舎暮らしの候補も故郷がベストなのですが、なんといってもこの3時間がネックです。それと交通費。
電車なら一人往復1万6千円。
車でも1台往復、約2万円です。
時間の割りに高いのは海があるからです。
瀬戸大橋、もしくは明石海峡大橋。
どちらを通ってもその間だけでコストが跳ね上がるのです。
香川 津嶋神社香川県
海に浮かぶ津嶋神社
車窓より



この時間と費用ではさすがに持続可能なライフスタイルは作れません。
時間で言えば大阪から丹波に通っていた時分には3時間以上かかることも割とありました。
しかし、スピードが違います。
下道をたらたら走っての3時間と高速道路の3時間は単調さが違います。
高速道路はたとえ1時間だけでも単調で疲れてしまうのです。
関西から信州まで通っている強者もいるそうですが我々にはちょっと無理です。
時間だと片道2時間、交通費は片道5000円が私たちの週末田舎暮らしの限界でしょう。

川之江 上分


たとえ我々が強行できたとしても、子供達はそうは感じてくれないのは明らかです。
子供達にはそこまでして通ってくる理由も経済環境もありません。
独立しても、していなくても私たちがやってきたように疎遠にならざるを得なくなります。

自分がそうしてきておきながら身勝手な話だけど、家族はなるべく近くで暮らせた方がいい。
その思いが強くなる今日この頃です。
四国山系


グーグル川之江上の写真、
グーグルアースで見ると
こんな感じです。
改めて大断層、地溝帯なんだなと感心します。




次のページ

 | HOME : TOP

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
11月  «  2006/12  »  01月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。