週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次のページ

なんの因果で介護福祉士試験

この間の日曜日で試験の第一陣は終わった。
重要度からいくと娘のセンター試験の方が大きいのだが、彼女の場合はそれほどプレッシャーを抱えているふうには見えない。
試験上京した前の晩に映画を見ていた私と同じなのであまり心配はしていない。

問題は奥の方です。
学生の頃からあまり勉強には縁のなかったような人で、運転免許の学科試験にも落ちた人です。そんな人が10年程前のホームヘルパー試験、そしてマルコーの今、今回の介護福祉士試験と、試験を受けなければならないのは何の因果か?

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

初めのうちは10分も本を開いたら頭が痛いと言っていたのですが、このところ家事もパスしてずーっと本を開いている。しかも夜中の1時、2時まで。正直、ここまでやるとは思っていなかったし、夜も寝られなくなっていたようでちょっと心配でした。
試験2日前になって前年度の問題集を買ってきたのは良いけれど、解答を切り離してさて取り組んでみたところなんだか難しい。良く見ると社会福祉士問題集だったとか・・・。
そういや、要項を申し込んだときも最初に間違えて社会福祉士の申し込みをしてしまっていました。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


まぁ、なんとか学科試験は終わりました。しかし結果が出たら出たで、また実技試験があります。
それが終わるまではピリピリは解消しませんね。
私は見ているしかないのですが、やはり落ち着かないものです。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


さて、あんまりこんな事を書いていると見られたときやばいです。
日曜日の試験日も、余計なことをするととても嫌がるので、私はノータッチです。
天気も良かったので久々に近所で写真散歩してきました。
土曜日には久々にハードな畝起こしをたっぷりしてきて少々筋肉疲労が残るところへフル装備担いでほんの少し山歩きしてきました。
山と言っても3~40mh程度ですのでこんなヒヨドリぐらいしかいません。
ヒヨドリ

ひよどり

実を咥えたヒヨドリ



スポンサーサイト
次のページ

種コレクション

カテゴリー  【野菜畑の冬 】

市販の種には固定種交配種の2種類あります。

交配種、もしくはF1種と表記されているものは生育が安定していて一斉に収穫できますので市場出荷のプロ農家向きです。

固定種の方はばらつきがあるので家庭菜園や直売所、向きの品種です。
家庭菜園では一度にできてしまうと困りますね。

特に交配種について言われますが、いずれのタイプも2世代目の品質は保証されません。交配種については悪遺伝子が優勢になります。

まぁしかし、我々のようにど素人は形がどうなろうと実がつかなかろうが責任はないのでこんな種を自家採取してみたりもしています。

元来、農家は自家採種していたので、昔の野菜の味を再現できるかもしれません。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

自家採種

セロリ
 種をとるのが遅かったので、ひょっとしたらこの中身は殻ばかりかもしれないが、数個ぐらいは残っているだろうという事で。(いつ植えればいいのでしょう?やはり3月ぐらいかな)

瀬戸内レモン
 商品名かどうかわかりませんがクニの荷物に混じっていたレモンの種です。こちらで育つかどうかは不明。柑橘類は芽は出るのだが実がならない。接木か何かしないといけないのでしょうか?

キュウリ3種
 うちで栽培したキュウリの種ですが、このように、品名すら不明になっています。F1種かどうかなんてわからないし、2代目を蒔こうというのだからそれはどちらでもいいことなのかもしれない。別に販売用を作ろうというのではないのです。

南京、冬瓜
冬瓜は去年初めて食べたけど和風ズッキーニのようで美味しいので作ってみます。これは簡単でしょう。南京は美味しかったからかな?
このあたりの種はせいぜい2個~3個芽が出れば十分すぎるのですが、かといって自前種では苗を人に上げるのもためらわれますね。

ハブ茶(えびす草)ダイコン
一昨年もエビス草の種をしっかりとって置いていたのですね。今気が付きました。そんな事が多いのです。このダイコンも種類がわからないな?
春大根ならもう蒔いた方がよさそうだが。

茨城から送ってきたメロン
これは育てばもうけもの。メロン農家ができるかな。
これも蒔き時は3月?

巨峰
 葡萄は難しいかな?
 でもこの市民農園でも植えている人けっこうみかけます。
 しかし、実がついているのを見たことは無いなぁ。

大山スイカ
 というけれど、現在大山スイカという確かな品種はないそうで、現在、ブランド再興に取り組んでいるようです。
 去年R176沿いにできた直売所で買ったスイカの種です。

右上は去年の多量のえびす草の種です。
他、中玉トマトの種も採ろうと実を何個か採り置いていたのですが、果肉が案外取れなくてどうやら種も腐ったかなという感じです。まぁ、すでに2袋注文したから良いのですが。

苗を植え付ける時期ならわりと感覚的にわかるのですが、種まき時期はわかりにくいです。夏物でも2月とか3月が蒔きどきなのでつい忘れてしまいます。だいいち、何の種があるのかさえ定かにはなっていません。
表につけておかないといけません。


次のページ

蕗と茗荷

カテゴリー  【野菜畑の冬 】

師匠にを掘ってもらった。
尼崎氏に茗荷の根を分けてもらった。

そこで端の金網そばに畝を一つ立てた。
隅だから野菜屑置き場になっていたが、考えてみれば日当たりの良い一等地だ。朝から日があたる貴重な場所でした。

茗荷と蕗の畝立て笹や、野ばらやスギナなどがしつこく生えてくるのであきらめていたのだがもったいない、もったいない。

バケツの中が蕗
その手前に転がっているのが茗荷の根です


おかげで今日は久しぶりに汗をかきました。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

アスパラの四隅に杭を打ち込んで堆肥や屑野菜、籾殻を放り込んでおきました。春には白いアスパラが食べられそうです。

今日の収穫は結球してない白菜と野沢菜です。
本当にもう収穫がありません。


次のページ

森の人になろう・林住期

ヒンディーに四住期という思想があります。
そこでは人生を4区分してしまいます

1【学生期】 0才~20才
  学びの時期。あらゆる事をどん欲に内に取り込む時期です。
2【家住期】20才~40才
  結婚して、家族を作り、子供を作る。もちろん家を守り仕事をして社会に貢献する。  主に自分を充実させ、家族を育て、社会に貢献する時期です。

杉林のせせらぎ普通、一般的な考えではここまでを人生とみなし、特に今の日本ではその後をおまけぐらいにしか考えていません。おまけならまだ良いのですが、おおむね厄介者扱いされるのが現状でしょう。

四住期思想では、この家住期までは残りの本来の人生を送るための前置きになります。
それからが自分の人生の本番。自己を見つめ、精神性を高め死(神へ還る事)への準備をしていくことを最重要事ととらえます。


3【林住期】40才~60才
  ここが重要な期間になります。
  森に入って隠居生活。
  しかし、家や社会を捨てるわけではない。
気が向けば家にも戻る。お金が無くなれば、芸もやる。
  家族や社会とはつかず離れずの生活を行いながら、食べるためにではなく、それまでに培ったものを還元して行く。

  
わずらわしいしがらみから離れたところで内面を高めつつ社会と自己の中間で生きていく期間です。
前2期で、学び、そして仕事をしてお金を蓄えるのもこの林住期の生活を安定させるために他なりません。
人生では、それ以上のお金を稼ぐ必要はないのです。

4【遊行期】60才以降
  いわゆる本当の解脱を求める時期でしょうか?
  家も家族も財産も地位も全て捨てて神と一つになることだけを目的とする時期です。
しかし、現実にこの境地には入れる人は当時でも稀で、おそらくは、当時の平均寿命を考えてもこれは困難さの表現、理想の表現だったのだと思います。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

今だと、林住期は50、60才ぐらいからでしょう。
子供達が独立し、俗世間の責任が薄れてきたところからと考えるのが妥当でしょう。
仕事は二時的なものです。手段です。
家族の責任さえ果たしたら後は仕事をしても良いししなくても良い。
しかし、できるならそれも後続へ譲っていくべきものでしょうね。

若いときはいいが、いつまでも脂ぎってお金を追いかけるな。
そして自立し、お荷物にはならない生き方を目指せ!と。



田舎暮らしの理想はこんな所にあるのかもしれないですね。
今後、この考えに絡めて考えていくことにします。


次のページ

丹波竜・ティタノサウルス

カテゴリー  【丹波のこと 】


先日山南町で発見された化石がティタノサウルスの仲間のものと判明し話題になっている。
このブログでは1ヶ月も触れそびれていましたが、なにをかくそうけっこう地学オタクだったりもするのです。

カンブリア、オルドビス、シルル、デボン、石炭紀、二畳紀、三畳紀、ジュラ紀、白亜紀と中生代までそらで言えたりするのです。今となっては何の役にも立ちませんけど・・・。
そして、ハンマーこそ今では農園に置いていますが(石割用の)タガネはずっと車に載っています。まぁ、このあたりも本来の目的にはあんまり使われたことはありません。
こんなことなら、菜園用のハンマーは別に買って、石割用ハンマーは車載しておいた方が良いかもしれません。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


この度の発見では恐竜が発見されたことよりも、丹波あたりが篠山層群といって白亜紀前記の地層だという、そのことの方に興味しんしんです。
発見された場所についても昨日まで正確な位置を確認することもしていませんでした。今さら見に行っても発掘の邪魔になるか不審者になるだけですからね。あれはあれで、ちゃんと発掘して全身化石を掘り出して欲しいです。
また、にわか発掘者達がそこらあたりを掘り返して、問題を起こすのだろうなと思うとあまり近寄りたくありません。
私は住吉台あたりでも掘りおこしに行ってみましょうか。(地元ネタですみません)

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

私たちは、日本は中生代の頃は点在する島だけで海の底だったから大型の陸生恐竜は日本にはいないと教えられましたが、こんな大型恐竜がいたと言うことは十分な陸地と食物があったということです。今後どんどん新しい化石が発掘されるかもしれないと思うとワクワクしてきますね。

恐竜までは望みませんがアンモナイトでも探してみましょう。ティタノサウルスがいたと云うことは内陸ではなく海岸か沼地でしょうから見つかるかもしれません。

小物だったら案外、篠山川の石ころを見なおした方が見つかり易いかもしれないですね。

そうだ!どんな地層なのか、岩なのか、それだけ確認しに現地に行って見ておこうかな。実はこの間、湧水の所で岩のかけらを拾って帰ったのですが、果たして化石のあり得る岩石なのか火成岩なのかよくわかりませんでした。
これは漬け物石にします。
篠山層群の漬物石





次のページ

貴重な収穫

カテゴリー  【野菜畑の冬 】
このところ収穫は少ないのですが、それでも昨日、何点か収穫してきました。
冬の収穫



間引きほうれん草
間引き分でもそこそこの量になります。
カネコのマゼランなのですが、よく見ると割と暖かい時期用の種でした。

チンゲンサイもこのさいだから2個。

チンゲンサイとミズナに埋もれていて忘れられていたレタス
かなり劣化していましたが貴重なレタスです。

どうやって食べたらいいのか良くわからない、トレビッツ ルージュ
キャベツと同じように??
「トレビス チコリーの変種 キク科」
訳のわからないもの作っても、食べられないまま放置される事が多いので、マイナーなものは全体の5%以下にしましょう。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

ブツ撮り練習
【ほうれん草1】
ほうれん草1


【ほうれん草2】
マゼラン カネコ


トレビッツ ルージュ

トレビッツ ルージュ


【チンゲンサイ 青梗菜1】
ちんげんさい



【チンゲンサイ 青梗菜2】
青梗菜



【栽培日誌】
2007年1月20日、
今日もまた、タマネギを50本程植えてしまった。
いったい、いつまで植えることが出来るのだろう。




次のページ

粉茶+ねこまんま

我が家ではこのところ”ねこまんま”がブームになっている。
おかかごはんですね。

食生活が貧しいわけでも、奥が手を抜いているわけでもないのだが、なんとなく。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

一応、夜はちゃんとしたものが出来ているのですが、朝昼はみんな勝手に食べている状態です。
で、栄養があっておいしい、ねこまんまが大ヒットしているのです。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

そんな食生活に欠かせないのがお茶
我が家では、夕ご飯の間だけでも急須のお茶を2回ぐらい入れ替える事もあるのです。お湯は2回ぐらいは入れ替えるので、その量恐るべし、です。

いろいろ飲んでみましたが、この篠山の諏○園の粉茶が大量消費には最適です。
上茶の端葉も混ざっているので美味しいし、すぐに色も出るし安いし・・・。

今日は1kg、@650円を2kg買ってきました。
粉茶

寿司屋でもやってると思われたかもしれない・・。

次のページ

「たんば・田舎暮らしフォーラム」で思う

カテゴリー  【丹波のこと 】

たんば・田舎暮らしフォーラム」今回もなかなか好評だったようです。
2006年度、3回開催しましたが今回が一番良かったという評価もあるそうです。

今回は田中淳夫氏の田舎暮らし語られぬ失敗例のお話が新鮮だったのでしょうか?
「手ひどく失敗した人は語る前に消え失せているし、
本やWebだと本当の失敗例は差し障りがあるので語れない」(田中氏 談)

私も興味深く聞かせていただきました。

今回感じたのは、みなさん(体験者)本当に真剣だと言うことです。
それこそ、真剣にやらなかった人はここにいないだろうから当然といえば当然ですが、試行錯誤と苦労されてきたんだなぁと感じました。
田舎は極楽」ではあるのでしょうが一歩踏み外すと怖いところかもしれません。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

鑑みれば私、いったいどこまで真剣にやっているのだろうと感じたわけです。
今のところ田舎からの収入に頼ろうといった考えは持っていないので必ずしも企業家努力はする必要はないでしょうけど、
少なくとも、農的生活における基礎知識ぐらいは真剣に学んでも良いのではと思ってしまいました。
慣れもあって、このところますますいい加減な栽培、かつ自己流で、人に見せられるような作物がいっこうに採れていません。施肥や水やりも思いつきのようにやっています。
それで作物ができないわけではないのですが、まるで根拠がありません。
これは、やはり、良くないぞと・・・。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

もう一つは、せっかくの田舎暮らし、2地域移動しているのだから私的な思いは別にして何か両者を結ぶ展望を持とうよと感じました。
それも、起業にまでは至らない事となると何があるのかなとは思いますが、…。

今年はそんな事を考えながらやっていこうかと遅まきながら新年の抱負を考えていたりしたわけであります。


次のページ

プライベート名刺を作る

カテゴリー  【管理人の生活 】

会社の名刺を出すのはあまり意味ないかなと思う場面が多い。
名刺ぐらいだったら版下まででも簡単に作れるのだが、なんとなく放置したままだった。

この機会に作ってみた。
ためし印刷もしないで一気に打ち出したのでちょっとバランスがおかしい。
文字も小さすぎた。
が、まぁいい。

こんな裏書にしてみました。
私的名刺 裏書



週末通園田舎暮らし人

まぁ、そのままです。

しろうと農作人

これもそのまま。永遠の素人でしょうね。

フリーの素人フォトグラファー

素人だからフリーやろという突っ込みは無しね。

もぐりのITコーディネーター

会社関係に本物いますが、こっちが金くれと言いたい。

ブロガー

ブログも息切れ気味ですが、SNSには行きません。

kaisyain

名刺の方nが一つ多い!
  実は会社役員なんですけど、誰も知らない。
  (名前だけ)



・。・゜★・。・。☆・゜・。・


今日も峠を走ってみたが、雪のかけらもない。

畑ではまたしても、タマネギの苗を200本程植えてきました。

ホント、暖冬です。



次のページ

試験の季節

カテゴリー  【管理人の生活 】

暮れから、どうも気分も行動もすっきりしない。
何かつかえたような雰囲気が我が家に漂っている。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・
大掃除もせず
暮れの買出しもせず
初詣も行かず
福袋も買わず
・。・゜★・。・。☆・゜・。・


家族そろってのお出かけなんぞ、とんでもない。
どこかへ行きたいのだったら一人で行っておいで!の世界です。
かといって、天気もあまりよくなく年末年始に丹波に行ったのは1回だけ。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

突然参考書を投げ出して、足で蹴飛ばす娘の姿が見える。

読んでも読んでも読んでも、あたまにはいらへーん。と嘆く声がする。

意味不明なカタカナがお経のようにぼそぼそと流れてくる。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

1月21日、娘センター試験。
1月28日、妻ある試験。

いずれも3月までじわじわと続くのです。

自分の事ではないのに、落ち着かないのなんの!

そういや、14日は「たんば・田舎暮らしフォーラム」があるから今月の残りの日曜日は全滅ですわ。


とりあえず第1波は今月ピークを迎えます。


春よ、早く来ーい。


次のページ

 | HOME : TOP

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
12月  «  2007/01  »  02月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。