週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びコウノトリの郷公園

カテゴリー  【鳥見入門 】
この連休、またしても近場に足を伸ばすだけでごまかしてしまった。
近場となると東南西方面もあるのだが、そちらはどうしても都市部を通らないとどこへも出られないと言うことがあって、つい避けがちに。
無計画のまま出発したら自然に北へ向かってしまう。
北といえば、丹波・但馬いつもの方向である。

走りながら、目的地が固まってくる。それぐらい無理やり絞り込まないとなかなか決めることができないのである。
今回はまた、「コウノトリでも見に行くか。」という事になった。
正確に言うと、「日本海を見に行ってついでに途中でまたコウノトリも見ていく」という事だ。
8時半に家を出て、いつものとおり和田山-氷上IC間以外は下道で、それで、城崎も見て海も見て日帰りだと言うのだからかなりずさんな計画である。

和田山ICを出るとかなり渋滞の気配がする。
そりゃ、こんな良いお天気の連休だからね。そうでなくともここから先は普段でも混みがちの所だ。途中から出石方面に抜けて、それでも1時過ぎにはコウノトリの郷公園に着いた。

コウノトリ

「おっ!なんやあれは?サギだろうか?」
「No,No,No!あれはコウノトリ。」
今日は飛んでいる姿見えるかなと期待してきたのだが、
「いきなり飛んでるやないか!」
管理棟の上に3羽が羽を休めた。
「おー!あっちの屋根にも2羽留まっとる。おぅおぅ!向こうの飼育施設の方の山からも飛んで来とるではないか。」
コウノトリ


ということで、少なくとも9羽は自由に飛んでいるらしい。
どこまでが羽切固体なのか確かなところは聞かなかったのだが、9羽も合わせて全部で20羽前後が公開ゲージにたむろしていた。

そういうわけで、飛んではいるのだが、サギと同じでいったん落ち着くとなかなか動かない。根比べをしているとすっかり長居になってしまった。
気がつくと既に3時半、今から玄武洞見て、城崎見て・・・予定道理無理か?と、帰ることにした。
コウノトリ


それにしても観光バスの多いこと。
次から次へと大型バスが入ってくる。
給仕の時間が終わり全員ゲージの中に収まっているので鳥たちは、しばらくは動かないだろう。この時間に来た人達は動物園で見るのと一緒だろうね。
コウノトリ



和田山IC横の観光えびせん屋さんでただコーヒー飲んで、数十種類有るえびせんを丁寧に試食し、一応2袋ぐらい買って、それから東に大きな満月が登るのを見ながら帰った。
スポンサーサイト

旅イラズ

毎週の畑通いの途中の紅葉です。
猪名川の紅葉


今回豊岡まで足を延ばしてみても、これだけの紅葉は他では見ることができなかった。
猪名川の紅葉

針葉樹がやたらと増えて意外と美しくない光景が続く。
もちろんその判断は、車で走っていて見える紅葉という条件付なので、山のすぐそばを走るのか遠くに見るのかによってジャッジは変わる。
ここは谷間なので特に近く美しく見えるのだ。

猪名川の紅葉

この景色を週替わりで見ていると満員電車状態の京都の紅葉など見に行く気はさらさら起きない。向こうは人の手が加わっていると云うことが値打ちなのかもしれないが、私はそんな微妙なこだわりは分からないしどうでもいい。日々のなかでこれだけ見たらもうええけんね。になるでしょう。

毎週のうつろい、しかも1行程の中にも1~2週間の時間差があります。
もう、これを見てれば旅知らず。
おかげで近年、旅行に行くことがとんと無くなりましたなぁ。

猪名川の紅葉

猪名川町杉生あたり、通称西軽井沢一帯です。
なんどか撮っている、アルプスランド天文台のある大野山の麓です。

これは、金曜日に独りで畑行きしたときに思う存分撮ったもの。
豊岡へ行ったのは翌、土曜日、日帰りです。

月の光に

カテゴリー  【野菜畑の秋 】
なかなか良いお天気の三連休でした。
金曜日に1人で作業しに来ましたが、こんな秋晴れの三連休、来ている人はまばらです。
着くなり、その1人が急用で帰らないと行けなくなり、駅まで送ってあげます。
ここはバス利用だととても便は少ないのです。

駅から戻ってきてみると、師匠も帰り支度。
ありゃ、誰も居なくなる・・・。
「ニンジンいるか?」とくれたのが近所の有機栽培農家のSさんちの立派なニンジンと柿。
今は収穫なんてないので、土産ができるのはとてもありがたい。

さて、一人っきりでほうれん草の間引きをしていると、「ワシはひまなん?」とつい自問が始まってしまいます。
まるでどこへ行くあてもない、孤独なお年寄りかい、と少し我が身を振り返ってしまう。このところ、先の展望が見えないので少々後ろ向き思考に走ってしまいます。

今日は寒さよけを掛けてやる以外に必須項目はないので、ほうれん草、レタスの間引きと草取りぐらいしかする事はない。
先週ネットで購入したロスコのジャングルブーツを穿いてしゃがんでいるので足首が痛くなる。やはりこれは畑作業には向かないものだとあらためて理解する。
だいたいこんな事していたらあっというまにボロボロになってしまう。

去年苗をもらって植えていた島ラッキョウが復活している。
どの時点で収穫したらいいのかさっぱり分からなかったので1年以上放置です。
一時地上茎が無くなっていたので消えたかと思っていましたがまたしっかり伸びてきている。たまたま鍬を入れない場所だったので掘り返されずに生き延びたのだ。
今日、この時期にこれをして良いかどうか分からなかったがつい株分けをしてしまった。
100本以上になったがこれで良かったのだろうか。
そういえばアサツキも凄く密集してきている。これも分けてやらなければならないが良い場所がない。

最後、暗くなってきてからあわてて不織布をベタ掛けする。まだ芽が出切ってないほうれん草だけビニールトンネルを掛けてみる。毎日管理できないので通気性のある不織布の方がうちの畑には良いのだろうがしばらくテストです。

月の光が明るくてつい遅くまでごそごそとしてしまう。
ムーンライト

【EF17-40f4L F8 -2/3補正 30秒】

アピオスとシカクマメの芋

カテゴリー  【豆さん 】
ベランダで冬を越させるか、農園で自立させるか迷ったが、レモンの木は農園に植え替えた。ここでレモンを育てている人もいるようなので一安心。
風除けだけはつくってやる。
レモン植え付け



昨日はJA美土里館でタマネギ苗100本(¥650)買って追加で植えた。
先週の我が家苗と大きさがぜんぜん違う。やはり、買ったほうが早い。
月と紅葉

この日も日が暮れるまで・・・。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

すっかり忘れていたがシカクマメも芋ができるのだった。
花を摘み取っていたら大きな芋ができるようだが、そんな事はまったくしなかったので細い芋しかできなかった。
シカクマメはまだ、豆のほうをたくさん収穫したのでそれでいいのだが、アピオスは芋ができなければ意味が無い。しかし花は咲くに任せていたので去年の収穫量と変わらない。
どうもここではあまりよいアピオスの収穫が望めないようだ。手間がかかるばかりなので来年はやめようかと思う。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

先々週採ったアピオス(左)と昨日のシカクマメの芋(細いほう)
アピオスとシカクマメの芋

小さいので洗うのも大変。
アピオスとシカクマメの芋



ゴボウのようだったのでキンピラ風にしてみようとスライスする。水につけていると灰汁がすごい。
アピオスとシカクマメの芋

このスライスはまだ食べていないが、アピオスとシカクマメ、どちらも少しだけ茹でて食べてみた。20分から30分ぐらいゆがかないと柔らかくならない。
シカクマメのほうは芯に筋があるが実はとてもねっとりしている。ゴボウの味ではなさそうだ。アピオスのほうはもっとふっくら、ほっこりとしている。アピオスを食べた後ではシカクマメは食べにくくなった。
季刊「やさい畑」によると原産地のパブアニューギニアではキャッサバ等は家族で食べるが、この芋だけは近所の人みんなで分けて食べるそうだ。それだけ蛋白等豊富な食べ物らしい。
私としては、豆を犠牲にしてまで芋を食べようとは思わないのだが・・・。
さて、このスライスどうしたものか。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

昼食は生トマトのパスタ
生トマトのパスタ

冷凍室は原型トマトとペーストトマトで満杯なのでせいぜい利用する。
青い容器はハバネロオリーブ。ピリッとして良い感じになった。
言われるほど辛いものでもなさそうである。

メトロ神戸

仕事でまた神戸へ。
割と早く終わったので昔住んでいたあたりまで足を伸ばしてみる。

【湊川公園】
新開地商店街の北側。
足元は土だが、この下は大通りになっている。
このあたりは変わらない。昔と変わらず将棋を楽しむ人がいる。
公園将棋


公園将棋


新開地筋のすぐ西に住んでいたのだが、そこらあたりは見る影も無い。
なにもかも変わってしまっている。
かろうじて見覚えのある、医院とお寺が残っていた。

あの震災で被害の大きかった地域である。
大通りの向かい側はのきなみ全壊していた。

【メトロ神戸】
ひきかえ、ここはまったく変わらない。
地下は丈夫なのですねぇ。
30年前とまったく変わらない。
高架下商店街といい、メトロといいまだまだ画一化されない世界が残っているのが神戸らしくて嬉しい。
メトロ神戸

実はブレが多かったので、割とまともなこれが残ったのだが、この一枚だけだとどうもきれいに見えてイメージが違う。もっと薄暗くてちょっと怖さのあるのがメトロだ。
なので全ぶれだが次の写真も載せておく。
メトロ神戸


こんなところでと思うが卓球をしている人もたくさんいる。
雰囲気があっていいですね。
昔よりはやっているような気もする。
メトロ神戸 卓球


古本屋も神戸にはたくさんあります。
メトロ神戸 古本屋


すべてRichoのCaplioR5で撮ったものなのですが、こういうのを撮ったら歪曲がめだちます。
今回はフォトショップで修正していますが、かなりのものでした。

レモンの木を買う

カテゴリー  【野菜畑の秋 】
日曜日珍しく家の近所を歩いた。
駅方面以外の近所歩きは、年に一度あるかないかだ。
まる3年住んでいるが、ほとんど出歩かないし、近所には知り合いも居ない。
もう少しなんとかしたいとも思うが、マンションの同階の人でさえ顔を合わすことが少ない。隣の人も一応顔は分かるという程度だ。なかなか難しい。
近所歩きでは知り合いだらけという奥でさえ、マンション内では同じ状況である。

この日は行政(JA?)のお祭り?移動動物園とか出店とかあったので歩いてみたのだ。
移動動物園もけっこう楽しめるのだが、子供でも居ないと入園料払ってまで見るのもためらわれ遠巻きにしているだけ。そもそも爬虫類がだめな奥は見たいけど近寄れない状況であった。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


JAのテントに愛媛ミカンが有ったので一袋買って食べる。
そしたら、これが美味しい。愛媛ミカンの味がする。
先日スーパーで買ったミカンの味が最悪だったので歓喜する。
周辺を一回りして来て追加で購入。
田舎では「ミカンを買う」といえば箱で買うものなのでそうしようとしたが、全部袋分けされていた。
やむを得ず袋で5袋買う。1kg/袋かな?
ここのJAになぜ愛媛ミカンがあったのかも不思議だが、通常そんな値段では売ってないような良いミカンだった。また買いたいが、生産地も聞いておくべきだった。

わが家ではそこそこの味のミカンはだぁれも食べず、全く減らないのだが美味しいミカンはよく食べる。
まだ残っているがすぐになくなりそうだ。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

個人バザーも出ていたが買うようなものもなく、これもまた、JAのテントなのだが、植木屋でレモンの鉢を買う。
レモンの木前々から植えてみたかったのだが、あの寒い農園で育てるのは無理だろうと、なかなか思い切れなかったのだ。
10年以上になる種から育てたミカンをこの春畑に移植したが、今年も花は咲かず。
飽きたらずにレモンに挑戦することになった。
果樹の実の付け方も勉強しておこう。



・。・゜★・。・。☆・゜・。・


このあと車で先日の家具屋にチェアを買いに行った。
しばらくして店内から外を見ると土砂降りだ。
そういえば変な強い風が吹いていたが、まさか雨になるとは。
バザーに出していた人たち大変な事になったのではなかろうか。

5回目のタマネギと紅葉の季節

カテゴリー  【タマネギ 】
市民農園の紅葉

市民農園の上が紅葉してきた。
なんと、5回目の紅葉だ。

進歩していないのだが、5年もやっていると初心者ですと言う訳にもいかなくなったなと考え込んでしまうこの頃なのだ。
そろそろこれまでのパターンも行き詰ってきたというか、飽き始めているのでなにか次のステップを考えないといけない。
となると家でも借りるしかないのか?
住居付きの農園はもうここまで来るとパスなのだが・・・。

さておき・・・。

上の駐車場で落ち葉を集めた。堆肥を作るか?まだ未定。
とりあえず焼き芋をしようということで集めたのだが、時間が無くてそれもできなかった。
落ち葉集め
[CaplioR5]


タマネギの苗、結局今年はこれだけしかできなかった。
タマネギの苗やく80本。
種まき直後の大雨がたたったとしか思えない。
ちょっと淋しい。


奥がしぶる師匠にねだって30本ぐらいわけてもらった。
本当は100本ぐらい取り上げたのだが、さすがに悪いのでお返しした。
来週お隣のドクターから、赤タマネギを少し調達することにしよう。
後は、早めに行ってJAで100本ぐらい買ったらまにあうだろう。


トマトの畝を片付けてタマネギ用にする。
タマネギの畝

冷蔵庫がもういっぱいでどうしようもないので今回青いトマト割れたトマトは捨ててしまった。大きいのは種用にとったが、来年トマト屋でもできるぐらい種があるかもしれない。

未だに家に去年のタマネギがたくさんある。
農家のように貯蔵もちゃんとはできないのでどうしても味が落ちる。
だからもうたくさんは作らない。
今年はせいぜい200本にしよう。
そして、できるだけ大きくすることを目標にする。

ほうれん草もまだこんなに小さい。今日は収穫はなし。
ほうれん草の苗

先週掘ったアピオスがあったのだが、また持って帰るのを忘れてしまった。
去年の分も全部種芋になってしまったし、どうもアピオスには縁がないのかもしれない。ハブ茶(えびす草)の実ばかり毎週せっせと収穫している。収穫しても収穫しても終わらないのだが・・・・。


今日も暗闇になってしまう。
アイカードでガソリンを入れる。
本日は@149円だったが2円割引券とアイカードの割引で@142。厳しくなってきたものだ。
ディナーそれで、というわけではないが、本日のご飯はラーメンライスです。

そういえば、お昼もごはんとふりかけと梅ペーストだけのお弁当でした。
[CaplioR5]


三釈迦山と甲山とお大師さんに

竹田城以来、山歩きにはまっている。
といってもちょい山ばかり。
この週末は土日ともカメラ担いで山歩き。

【三釈迦山】
土曜日は先週も行った「丹波並木道公園」の山頂?三釈迦山(318m)を一回りする。
この公園、やけに工期が長かったと思ったら、弥生時代の大居住跡が有ったため発掘作業をしていたようだ。そういえば先日も芝の間に作りかけの小型の窯のようなものがあり、「ここに寝たらお墓になるな」なんて言ってたものだが、どうやら本当にお墓跡だったのかもしれない。
やけに赤い赤土の場所もあったがあれも何かの痕跡なのだろうか?

ここの318mは、篠山の平地の平均標高が200m越えるような所なので、本当に山というのもはばかるような所だ。しかも一応公園なのでかなり甘く見て地図も見ずに歩いた。
尾根沿いにぐるっと廻るのだが、見晴らしもなく、マムシにも出会ったりして次第に不安になった。幸いボーイスカウトの子供達が走って追い越していってくれたおかげで途中からは不安は解消された。
三釈迦山から

「途中、唯一有った物見台から篠山IC方面(?)」

【農園】
この日は時間も2時を過ぎさすがに畑はキツイので適当に切り上げようと言いつつ暗くなって見えなくなるまで作業してしまった。
5時半で真っ暗になる。

トマトの片づけ、豆の植え付け、タマネギの植え付けは次回に繰り越し。来週はかなり本腰を入れてやらないといけなくなる。


【甲山(かぶとやま)森林公園】
日曜日、割と近くにあって割と有名な甲山(309m)に行ってみた。
イノシシが普通に歩いているのも有名でそれを撮りに行ったのだが・・・。

地図で見ると直線コースだととても近いので当初阪神競馬場横を抜けて最短で行こうとした。しかし入り組み規則性のない道のせいで、結局南へ降りてR171へ一旦出て、もう一度上がらざるを得なくなった。今回初めてカーナビがついていればなぁ・・!と思ってしまう。

甲山、名前だけは昔から知っていたが、どうせ山をちょろっと切り開いただけの人工物だらけのしょぼい公園だろと思っていた。そんなところへ行くのは我々ぐらいかせいぜい10組もいないだろうと思っていたがとんでもない。お寺や池など昔からの多数の施設のある由緒正しい複合施設だった。歩く人も大勢いるし車はどこも満車だ(もっとも駐車場が少なすぎるのだが)。

ここでも前知識一切なく、貯水池横の公園から登り始めた。後で登り切ってから知ったが、他の登り口はかなり整備されていた。この道が一番きつかったのではなかろうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


と、ここまで書いて公式ページを見て驚いた!
我々の見たイメージとは全く違う全体像がそこにあった。
わしらはどうやら西の端っこだけを見て来たようだ。
広場やオブジェなど全く見てません!

【本格的に歩くなら必要!】
旺文社「山と高原地図 48」

【同行2人】
山頂手前で奥が桜の棒きれを拾った。
そこで他の道が整備されているのを知り、一つ東よりの道を降りることにする。
そしたらお寺に出た。
神呪寺という。
神呪寺

別に呪うわけではない、真言の意味である。
「かんのうじ」が元来の寺名だという。
境内に全長2kmのバーチャル四国88ヶ所が施設されてるのだそうだ。
両門にもしっかりと【遍照】【金剛】と大書されている。

だとすると先ほど拾ったあの木ぎれ!
ありがたや、弘法大師の賜い物。
同行2人のお大師杖。
・・ということで大事に持ち帰らせていただく。
弘法大師の杖なら置いてこんな」という声もしたが…。
(C)神呪寺



【金比羅船々】
帰り道R171にあった讃岐うどんで昼食。
讃岐うどんこのチェーン店、今朝別の所で見かけて帰りに入ろうかと言っていたところだ。
初めてみたのに一日2回も見かけ、おまけに入ることができるとは!

今日はなんだか讃岐に帰ったような日でしたな。

正に、「虚しく往きて実ちて帰る」おだいっさんのお導き・・・。

【パソコンラック】
まだ終わらない。
パソコンデスクこのあと箕面の家具屋に行きパソコン用の机を買って帰った。
片づけ、組立、再セット、そして旧ラックの処分まで一挙にやってしまう。
椅子は売り切れていてまだ脚立のままだがなかなかすっきりしました。




・。・゜★・。・。☆・゜・。・・。・゜★・。・。☆・゜・。・


一応三脚担いでフル装備で登るのだが今回もほとんどまともな写真はなし。
それでも何があるか分からないのでどれかを置いていく気にはなれないものである。

さて、次回は御獄山か高城山か!・・・。

 | HOME : TOP

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
10月  «  2007/11  »  12月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。