週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーアップしたハブ茶

最近ハブ茶が我が家で好評になってきた。
自家製玄米を入れてまろやかになったので飲みやすくなったのがまず第一弾。
その後もらいもので大量にあるC級丹波黒豆(小粒)も炒って一緒に入れている。
なんと黒豆玄米ハブ茶なのである。しかも生産者はすべて確認できるのだ。
市場で買えば高級品になるのだろうか。
ちなみにお米も四国の義母が生産者から買い付けているものだ。

夏場ということもあって消費量がやたらと増えてきた。
やかんに放り込むタイプの網を買ってきて玄米はその中で煮出すことにした。
ティーバックよりもこちらの方が濃くでるよう。
ミルで挽いた決明子も最初はこちらに入れてみたが網目が大きすぎて失敗。
今度からは決明子も挽かずにこの網に入れて煮出すことにする。
週2~3回も沸かす必要がでてきたので効率よくしないと追いつかないようになってきた。

煮出した後の黒豆だが、これを醤油豆にしてみたところ、うまい!
讃岐のソラマメ醤油豆が好きでいつも送ってきてもらっているのだが、あれに近い(もっと素朴な味+黒豆味)美味しさである。
だしがら黒豆醤油豆


健康に良くてお金も要らず美味しいと、言うことない。

まだ去年大量に採れた決明子には手をつけていないので当分材料には困らない。飲用左側の2本はすぐになくなってしまいます。
特にスミノフは早い!

えびす草も畑のあちらこちらに芽が出てきていて抜きまくっていたのだが、この好調さだと、何本かは育てないといけませんな。

ハブ茶について、または効能について知りたい方は下の関連記事または以下のキーワードででも検索してみてください。
  1. はぶ茶
  2. えびす草
  3. 決明子
  4. ケツメイシ


ちなみにケツメイシのメンバー二人は東京薬科大学を出て薬剤師の資格をもっているのだそうである。

[関連記事です]
これがケツメイシ(決明子)
幸運のエビスグサ
終わらない後処理:ハブ茶"
スポンサーサイト

梅雨は防虫に注意!

カテゴリー  【野菜畑の夏 】
この間の土曜日は湿気の多い一日だった。
この季節、こんな日は一年を通じても一番羽虫のようなのが多いのだろう。
帰り道でも車のライトに流れる霧が浮かび上がり、山を降り切るまで虫の群れもやたらとぶつかって来る。

畑で刺されて腫上がるのも真夏よりこの時期です。
払っても払っても目の前をぶんぶん飛びまわり刺されてしまう。
たいていは蚊に刺された程度なのでたかをくくっているととんでもなく腫上がることがある。
このときも、ほんの一瞬の事。
ふと手を見ると小さい穴があいて血が出てきている。
蚊に刺されたぐらいでは血が出るわけもないので変だなとは思っていたものの、そのときは痛みも痒みもないので血だけぬぐっておく。畑では決して半そでは着ないのだが、ちょうど袖の先と手袋の間の隙間である。

作業を終えてからムヒを塗っておいたのだが、自宅に帰った頃痛くなってきた。
見ると腫上がって熱もある。翌日曜日も氷を巻いて過ごすがなかなか晴れが引かない手首から内側20cm近くが赤く腫れていた。

今日は火曜日だが、刺された周囲が赤くただれたようになっている。
ようやく痛みと腫れはひいてきた。

先週も家内が足を腫らしており、防虫対策は厳重にやらないと怖いものだと再認識する。
この土曜日黒の手甲カバーを買ったのだが、日よけ泥除けのつもりだったので着けていなかった。着けていたら今回の虫刺されはなかっただろう。
今度行くときは頭から被る網も買わないといけない。

雨でもハード

カテゴリー  【野菜畑の夏 】
気がつけば20日近く書いてなかったのである。
大日本帝国末期のように延びきった前線に網の目を張り巡らすことが出来ず、立ち往生状態。
次から次に手を広げてしまって個々を管理しきれなくなっている。
しかも効率は一向によくならない。

それはさておき、今日の畑は工作物いっぱいやってきました。
今日はやろうと思ってから3週間目にしてようやく完成したトマトの雨よけ。
今日も雨だが、どれだけ雨よけになっているのか怪しいことこのうえない出来だ。
トマトの雨よけ 屋根


カボチャの立体畝兼、お隣さんに行かないように塀代わり支柱。
カボチャの網

たくさん実がなってきているのだが、なんだか細長い実である。
師匠にもらった苗なので怪しい!
ひょっとしてソーメンカボチャ!?
あれ、嫌だ!

キュウリとスイカ、プリメロ、B級トマト畝のまとめ囲い。
害獣除け


害獣除け

というのも、このところ荒らし情報がやたらと多い。
アライグマか狸か知らないが、ここ数年で増えてきているような感じである。

証拠品
かじられる

農園の真ん中の通路中心に荒らされているので、その面だけ防御してみようかと張ってみたのです。
内側は開けているのですが、これでも荒らされるようならドアも付けないといけません。

スイカに関してはこの中で2重の網で守る予定。


先週、サンチュを全部とってしまったのですが、見ると新芽が!
レタス

もっと早くこうやっておけばよかった。
サンチュってひょっとして多年草???
冬も越したのに、このまま夏も越すつもりなのだろうか。
えらい!

穫れすぎるものあれば・・・

期待したほど収穫できなかったのが今年のイチゴ。今週はイチゴパックにゆるゆるいっぱいで、後は実も花もついていない。これでお仕舞いだね。

かと思えばほうれん草は先週から巨大になっている。
今回の収穫、これでおよそ半分。
ほうれん草

まだ畑に山ほど残っているが、そろそろ薹立ちの時期なので来週はもう採れないかも。
せいぜいほうれん草の花芽を頂くことにいたしましょう。

毎度毎度作りすぎたりできなかったりの繰り返し。
なかなかプロのように正確に作ることはできません。

冬のまったく収穫のない時期からがんばってくれたサンチュも薹が立ってきた。
3月頃から毎週なんとか収穫を欠かさずにやってこれたのはサンチュ様々。あなたのおかげです。
盛時は毎食サンチュに味噌を乗せて頂いておりました。
適度のしゃきしゃき感とみずみずしさ、
もう他のレタスは食べられなくなって来ております。

この度の薹立ちにあたり、最後に”文”様のお肉を使い、本来の頂き方で盛大に閉めさせていただこうと考えております。”文”様の丹波牛、最後に頂いたのが去年の暮れだから半年ぶりでございます。
美味そうなイメージが湧いてきますが、サンチュを除けて食べているイメージばかりなのが少々気になります。

一時はどうなることかと気をもんだ、タマネギも大きさこそ小さいが、このようにそこそこ立派なのもぼちぼちあり、一安心。来週は収穫です。
タマネギ もうすぐ収穫



エンドウ豆はまずまず、適度な量の収穫でした。
エンドウ豆


 | HOME : TOP

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
05月  «  2008/06  »  07月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。