週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅すぎた高源寺

カテゴリー  【丹波のこと 】
連休なので畑抜きの丹波行きを決行する。
メインは丹波青垣の高源寺であった。
11月22日>旧暦10月25日

結果から言うと、既にピークは過ぎて久。という感じだった。

青垣へ行く前にいつもの猪名川の大野山にも上がってみたのだが、こちらも上のほうはすっかり茶色く、ところによっては白っぽくなっているありさまだ。
大野山山頂



先週見たときはあと一息といった感じだったのだが週初めの寒波が効いたか、一気に鮮やかさが消えてしまっている。

麓の紅葉


大野山も麓はまだきれいだが頂上から見る光景にあまり見るべきものはない。西軽の道路沿いの方がよほどきれいだ。
草々に山を降りて篠山を抜け、農園を横目に青垣へ向かう。途中、日置の大銀杏もこの日の狙い目だったのだが、これも完全に落葉してしまっていた。先週はまだ緑のグラディエーションが残っていたのでこの日がピーク頃だろうと見当つけたのだが、早すぎる!
イエローカーペット


高源寺も人が多いだろうから早朝に行く計画であったが今回はたどり着いたのがもう日も暮れかける夕方4時頃であった。予想通り観光バスがこの時間でも連ねていた。しかし楓はほとんどが葉っぱも縮んでいる。
高源寺の紅葉


ツアーでこれを見せられるのもがっかりだろうなと思うが文句を言っている人もあまりいなく、みんなエライのだ。
三脚に白レンズ据えて真剣に写真をとっている人も散見するが、いったい何を撮っているのだろうか?あきらめないアマチュア魂はエライのだ?ワシは三脚も望遠も車の中に置いて行ったのだ。
高源寺の石段を登る


この春、新緑の中で撮ったとき、これが皆赤く染まれば凄いだろうなと思った印象が強烈だっただけに一気に気持ちが萎えてしまっっていたのであった。
多宝塔と楓



さて、ここもあっさり退散する。
あまりにも成果が少なかったので氷上のYou-Meタウンに立ち寄る。そこのコーナンでインチネジを買った。来る途中、篠山のコーナンにも立ち寄って探したのだが探しきれなかったのだ。カメラの工作用である。

スポンサーサイト

一滴も無い

カテゴリー  【管理人の生活 】
在庫が切れた。
最後の一滴まで舐めてしまったので見事に無くなった。
もうお酒が無いの<br clear="all" />

それにしてもマニアックな酒ビンばかりたまったものだ。これ以外にもごくノーマルな日本酒とイモ焼酎もあったのだがここに並べるのにはふさわしくなく捨てられてしまっている。

ほぼ常用酒となっているのがスミノフウォッカ。アーリータイムズはともかく他のテキーララムは試飲です。といってもすでに何本かは空けています。似たような仲間で口には合います。

水割りにはしません。水割りにしてまで飲む気持ちが分かりません。シェーカーはあるので、カクテルは作ってみたいとは思いますが、あまり飲みたいとは思わないので作った事はありません。どれも薄くてロック、普通はストレートという飲みかたなので身体に悪いのです。
なのでたくさんは飲みません。
日を空けたり、一日シングルグラス一杯を目安にしたり、一応気をつけて飲んでいます。
それでも近頃では2週間持ちかねるようになってきました。


今も我慢しています。

給料が入ったのでそろそろ我慢の限界かもしれません。

芽キャベツの葉っぱスープ

カテゴリー  【食卓 】
例年、雪を被るようになっても成長不十分だった芽キャベツは今年は不織布をかけて育てたので大きくなった。
芽キャベツ


大きくなってトンネルに納まり切らなくなったので2週間ぐらい前に不織布をはずした。
この虫にも食われていない葉っぱ、美味しそうなので食べてみることに。
あれこれ放り込んでミキサーにかけ、パンプキンスープと同じ要領でできあがったのがこれ。
芽キャベツスープ


ちょっと色は強烈だったが、意外と美味しい。
ノーマルなものしか食べない娘もおかわりをしたぐらいだ。
けど、さすがに2杯食べるともうええわ、っちゅう感じになる。
「おいしいけど、毎週これはいらんわ」との結論。

パスタ風は軽井沢みやげの蕎麦パスタ。
この食べ方で良いのかどうかわからないが、これも美味しい。

ジャガイモは先週の収穫。まだ葉が青いので全部収穫していないが、こんなに小さい。
それでも塩かマヨネーズだけでもっちり美味しい。

大根おろしも自家収穫分だが、ちょっと苦味がある。これから寒さにあたるとおいしくなってくる。

イチゴの苗どうしよう

カテゴリー  【イチゴ 】
イチゴの旧畝はタマネギの畝になってしまったのだが、もったいないので次から次にを確保して行き場がなくなっている。畑にもまだトロ箱いっぱいを置いているのだが、ベランダ用にもいくつか持ち帰った。

実は先週の話なのだが、車の後ろのクーラーボックスにいれたまま一週間忘れていた。
クーラーボックスを見て初めて思い出した。
開けてみたら新鮮そのもの、光以外は十分事足りていたらしい。

今日、近所の西友でプランターと土を買ってきてベランダイチゴの出来上がり!
ベランダ苺


この後、恒例のハブ茶の実取りをやったので、その莢をイチゴのマルチ代わりに被せておく。

さて、来春はベランダでもイチゴは採れるかな?

ひちりんでご飯を炊く

カテゴリー  【野菜畑の秋 】
1年ぶりか?
畑でご飯を炊いた。
これぐらいの季節にならないと忙しくてそんな気はおこらない。

今日は飯盒で先週買った新米を炊いて食べた。
うまい!
飯ごう炊飯



おかずは財田の梅干燧灘のいりこ炒めと宍道湖のシジミの佃煮、それと塩。
十分十分、ご飯だけでも十分。

ちょっと焦げがつきすぎたがまったく旨さに影響なし。
こげ



アルミに包んでサツマイモも焼いた。
これは来るときにJAで買ったイモだがねっとり系でいける。
べにあずまかな?
ひちりん


焼き芋



今日はお茶が少なかったので、ハブ茶をここで作ることを思いつく!
えびす草の実を採り、アルミに包んで少し焼いてやかんに放り込む。
莢は焚き付けになるというこの効率のよさ!
寒くなると家で豆を煎ると匂いがなかなかとれないのでこんどからここで煎る事にする。

昔キャンプに行っていたころの材料がここには揃っているのでなんでもできる。

本日はタマネギの植え替えをする。
苗だけ見ると少なそうだったが、植えつけるとなかなか終わらない。
最終的に500本ぐらいあった。
今年は数を減らす予定が例年通りになってしまった。
しかも今年はすべて自前の苗でおさまった。

そのタマネギ畝の写真も撮ろうと思っていたがあせって片付けてもすでに真っ暗になってしまったので写真は撮れずじまい。

【アカモズ】
モズ





全身筋肉痛

カテゴリー  【野菜畑の秋 】
秋とはいえ2週間ぶりの畑はきつかった。
落花生とジャガイモは予想外でまだ枯れていなかったので収獲は来週にした。

サツマイモの残りを収獲してヒチリンで火をおこして焼く。
あれだけ畝が広がっていたわりにはしょぼい収獲だった。
イモは美味しいがこのサイズでは畑でのおやつぐらいにしかならない。
来年はちゃんと時期に植え付けしよう。

サツマイモを植えていた一番奥の小屋の裏の畝。ここが問題だった。
半年伸びるに任せていたのでまた笹だらけになっていた。
これはもう、目についたら抜くしかない。地下50cmぐらいのところを縦横無尽に根が張っている。これを抜くのは本当に綱引き並みの全身の力が必要になる。
手は痛いわ、腰は痛いわ、そのうち力が入らなくなってくるがやめられませんわ。
おかげでただいま(頭痛も合わせて)全身筋肉痛!
嫁はなぜかこんな時期なのにまぶたを虫に刺されて腫上がらせている。

タマネギももうほとんどの人が定植している。
去年一月末に植えた経験もあり、来週ぐらいだったら問題も無いだろうということになるが、それでも畝は立てておかなければならない。
去年のイチゴをすべて引き抜いて一畝と、隣の一畝、これをならす。

ハブ茶のエビス草も地味に収獲しないといけないし。日曜なので昼過ぎに帰る予定がやはり5時になってしまった。

大根は立派でした。
ダイコン!!

伯耆大山の紅葉

カテゴリー  【管理人の生活 】
11月3日、今年も結婚記念日です。
去年とか一昨年、旅行らしきこともしなかったので今年は2泊旅行。
といってもビジネスホテル泊まりの安い旅。

行き先は山陰。
春に本殿公開を見に行こうかと言っていた出雲大社
あこがれの境港の水木ロード
そして20年近く前の同じ日に一度行った大山
今回は松江のビジネスホテルに2泊して周辺をめぐることに。


大山に前に行ったのは、まだ、米子自動車道も出来ていない頃。
私はとても気に入ったのでリピーターになりたかったのだが、嫁の「大山は遠い」の一言でいつも却下されていた。
その時は大山にたどり着いたときにはすでに暗く、おまけに雪がちらほら降ってきていた。同じ日付だったので今回も冬支度で行ったのだが、3日ともシャツ一枚で快適な気候。【遠い】というイメージも今回の帰りに米子ICから(蒜山SAでワンストップ)3時間、明るいうちに帰宅できたので払拭できた。

ベストコースは蒜山ICで降りて蒜山大山スカイラインを走り鍵掛峠を越え、桝水、大山観光道路を米子まで走り抜けるコースなのだが、どうも混雑してそうな予感がして溝口ICからに短縮する。
柿実る伯耆街道


伯耆街道を桝水まで走るが、ガソリンが無い。地図を見るがどうも山の中にはスタンドがなさそうなのでいったんインターより下のR181、溝口駅近くまで引き返す。この道はほとんど車が走ってなかったのでガソリン満タンにしたあとは快適だった。今回ガソリンを入れたのはこの一回だけだった。意外と走行距離は伸びず、総走行距離でも600km程度だった。
紅葉の大山とハスキー犬


大山桝水高原の紅葉


桝水高原で歩いたのは100mそこそこ、大山寺は門までと、中途半端な散策だったがまずまず。
また行くべし。


初日、松江に着いたときには既に暗く、松江の町はなんだか暗く、ホテルの部屋はとっても狭く3日間で一番疲れた一日となりました。

大山の紅葉


紅葉と大山山頂

 | HOME : TOP

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
10月  «  2008/11  »  12月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。