週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末遠距離暮らしはどうかな?

カテゴリー  【四国のこと 】
今回の四国帰りの高速履歴は以下のようなもの。
ETC記録



今回初めて阪神高速神戸北7号線を使ってみた。
これまでは西宮まで下ってそこから阪神高速に乗っていたのだが、どうみても中国から北7を通る方が距離も短い。
宝塚までの下道と、宝塚から西宮山口ICまでの渋滞に当たる確率が高いので避けていたのだがこの日は往復とも不思議なぐらい空いていた。
渋滞に当たればこの10分弱区間が1時間になってもおかしくはないルートである。

宝塚ICからだと3時間弱で川之江ICに着いていた。最速ではなかろうか、やはり北7号の威力か?
今までのミニバンと違い疲れもない。(腰は痛い)

燃費は行き22.1km/L(333.8km)、帰り22.6km/L(238.7km)。
行きの中には翠波高原上り(標高889.6m)も含まれるがそれほど影響はないみたいだ。
上った分下りで充電できるので110km強でアップダウンの高速を走るよりも燃費には影響しない模様。
高速道路も大半はパワーモードで走行。ノーマルモード燃費はどれぐらい違うのだろうか?
レスポンスの違いだけのようだから、じわっと踏み込めばそうは違わないような気もする。
高速走行時と街中は踏み込めばすばやく反応してくれたほうが安全、かな?

このデータ、行きは息子を、帰りは息子はいなくて30kgの米袋4袋(計2俵)、他、ミカンやトイレットペーパー一箱、乾物その他、従来よりは少ないがそれでも200kg近くは積んでいたと思われます。


・。・゜★・。・。☆・゜・。・・。・゜★・。・。☆・゜・。・・。・゜★・。・。☆・゜・。・


さてさて、・・・・。

最短3時間となると、またあの誘惑が頭をもたげてくる。

クニに畑を借りて、週末実家暮らしもできるのではなかろうかという事だ。

今の農園までも片道55km、1時間強、以前大阪から通っていたときは2時間強はかかっていた。
四国だと交通費もネックになっていたが、ここへ来て高速の値下げプリウスの燃費でそれもほぼ解消。ならば!と思ってしまう。

確かに山道の1時間と高速道路の1時間では疲れも危険度も違うが、慣れたらそれほどでもないのかもしれない。今でも毎週片道1時間というと、よく通っているなと感心されるが、私たちにまったくストレスはない。プリウスの静粛性と高速安定性(ミニバンに比べてだが)がそのストレスを大幅に下げるのは間違いのないことだろう。

問題も見える。
距離は短いが中国道近辺は大渋滞にぶつかる可能性が高いというのが一番かな?
1年で24000kmも走ると、車のランニングコストも馬鹿にならないというのもある。

もっと遠距離を週末通いしているつわものもいると聞く。
ここはひとつ、じっくりと検討してみる必要がありそうだ。

一番現実的なのはクニまで帰らなくとも、中間地点、淡路島とか徳島畑と家を借りるという方法があるが、・・・要検討だな。
スポンサーサイト

置き去り

カテゴリー  【四国のこと 】
正月ずらし帰省。
想像以上に車が少なく快適だった。
宝塚インター入口までも、中国自動車道、宝塚東トンネルから西宮山口もまったく混まず阿波PAで1回だけトイレ休憩しただけで快適に四国まで帰り着いたのが12時前、3時間半で着いた。

予定よりだいぶ早かったのでうどんでも食べに行こうかと箕浦の道の駅まで。
例によってカメラを出そうとしたら・・・なんと、無い!!!!

レンズ満載のカメラバッグだけ鎮座している。


いや!間違いなく駐車場までは持ってきた。
下ろす時にしょうしょうコツンと言わせてしまったので覚えている。
しかし他の荷物は積んだがカメラを乗せた記憶がない。
カメラはいつもハンドキャリーなので最後に持つ習慣だったのだが、それが仇になってしまった。
キーレスの新車で駐車場のキーを抜き忘れないようにとか、他の事に気を取られて置いてきてしまったもよう。

あわててマンションの管理人室に電話するが一向につながらない。
とりあえず、うどんを食べてどうしようかという事になったとき、息子が観音寺の銭形を見たいという。それを先に言えよって話で、観音寺まで行くならもっと有名なうどん屋もいっぱいあったのだ。
銭型公園はさすがに関西の車ばかり。私らには見慣れた砂型も息子には新鮮みたい。連れてきたことはあるのだが、・・・。
しかし気が気でないうえにカメラも無い私にはまったくもって手持ち無沙汰。

3時すぎて管理人質に電話がようやく繋がる。
なんとか無事に届けられていたもよう。

部外者が入ることはないのでまず出てくるだろうとは思っていたが、この上天気にカメラがないのは痛い。
最悪出てこなくてももう2万枚撮っているし、レンズは50mmだし、データは初期化したままなのでそれはそれであきらめもついたのだが、この道中カメラがないのが何より悲しいです・・・。

翌日は、最近外へ出ることの少ない母を乗せて翠波高原まで上がってみる。
寒いのですぐに降りたのだが、幸いと言って良いのか、天気が悪かったのでカメラの無い手が震えなくてすんだ。

車は小さくなったのに米は増えて4袋、2俵積む事になった。
息子は電車で先に帰ったが、荷物は200k近く積んだのではなかろうか。
それでも帰り道リッター22.6kmの燃費をだした。
なかなかのものである。

ちなみに、帰り道の中国道も混まず。不思議である。

【米2俵】・・・携帯ショットです
米2俵

お正月

カテゴリー  【管理人の生活 】
2日は娘も連れて、というか娘に引っ張られて三田のアウトレットへ行ってきた。
予想はしていたがヒトまたヒト、クルマまたクルマの波に圧倒されてたちまち疲労困憊。
三田アウトレット


三田アウトレット


昼食を食べる店どころか休む場所もない。昼ごはんはあきらめて一人駐車場に戻って車中に引きこもり。

ファッションと言うものには全く無頓着なのだが、アルマーニだけは一度は買って見たいと思うのでありました。
アルマーニ




3日は畑。
正月粗食


三が日だというのにこの粗食。
飯盒炊きご飯に塩を振り掛けたものとパックの味噌汁だけの昼食。
これがなによりのご馳走じゃ。
おせち料理は元旦だけで十分!

新春は新車ドライブ

カテゴリー  【車 】
イブに納車されたプリウスで新春を遊ぶ。
リッター7kmしか走らなかった前の車だとガソリンがもったいなくて無目的に走らせられなかったが、プリウスだとその抵抗は取り払われた。
ガソリンをまき散らかす抵抗をなくさせるエコカーなのである。

最初は京都でも、と思ったがさすがに昼過ぎから京都はしんどい。
明日は三田アウトレット、明後日は篠山の畑が決定しているので本日は若干角度をそらして能勢妙見でも行ってみるかということになった。
角度をそらしてもやはり行き先は山の中である。

一の鳥居から曲がって能勢電鉄妙見口の方向へ行ったのだが、そちらはどうやらケーブルカーでしか上がるところがないようで駐車場まで登るにはかなり大回りしないといけない。

なにがなんでも妙見に行きたかったわけでもないので今回は止めて、とりあえず、野間の大ケヤキの所へ。
冬の大ケヤキも良い雰囲気であった。

【ケヤキとプリウス】
野間の大ケヤキ


これは50mmで撮ったものだが、ワイドの方が良いかなと広角ズームで撮ったものが下の写真。


プリウス


ケヤキの大きさを表すのなら望遠系の方が良いことが明らかになってしまった。こんなにも印象が違うもの?!
画面に納めやすいのでつい広角系にしてしまっていたが気をつけないといけない。


次の目的地は、未だにたどり着いていない瑠璃渓に行ってみるかと、R173に出るまでは、NAVI頼りのドライブをしてみる。
NAVIは便利だ!しかし、依存してしまったら地図も覚えられなくなりそうだ。

R173はいつもの篠山へ行く県道12号と並行して走っている。
この道もいつもの道と同じ感じで谷道がずっと続いて最後に峠を登るのかと思っていたが、途中から延々と続く登り道になってきた。
次第に道路が湿ってきて、そのうち道路わきに残雪が目立つようになってきた。はらがわたトンネルの手前で引き返すことにした。
この様子だとトンネルを出たら雪国だったと云う事も十分ありうるのだ。
スタッドレスを穿いていない現状では怖くて行けない。

後で地図を調べてみたらこのはらがわたトンネル地点で標高540mにもなっていた。
隣のR12だと後川(しつかわ)あたりでまだまだ平坦地だ、来て見ないと判らないものである。

[[attached(3,center)]]
こんな山道を60km程走った。
パワーモードも利用しながらの走行だったが、リッター18.8kmという結果が出た。これだけでれば十分。
リッター30近くまでもエコランを追求したいとは思わない。
能勢



 | HOME : TOP

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
12月  «  2010/01  »  02月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。