週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2地域居住(生活)者たち

この菜園から数キロ離れたS市市街地は山に囲まれてはいますが、割と交通の便は良く、実は大都市オーッ市の通勤圏内に入っています。
バブルの後にできたぐらいの新興住宅地もオーッ市に通勤する人や、定年でオーッ市から移ってきた人がいるそうです。周辺地図
ちょうど中間ぐらいに位置する私の家にもここの中古住宅のチラシがたまに入ったりします。
1時間半から2時間の通勤時間がかかりますが、ここから通勤しているという人にはまだ会ったことがありません。
私はそんなに時間をかけて通勤するぐらいなら仕事を変えます。(キッパリ)

でもそういえばうちの息子は2府2県をまたいでSが県のK田(万葉の歌で有名なところ)まで通勤してますわ!
うちのカイシャにはM県N市(赤目四十八滝のあるところ)から通っている子がいます!
みんな結構移動しているのですね。  【2地域居住スタイル】

菜園にも結構遠くから来ている人がいます。
私たちなんてそんなに珍しい物ではありませんでした。

先日ちらっと登場いただいた大正の婆ちゃんもその一人です。 前の記事"all green"

彼女の場合は遠さよりも根性に驚かされます。
電車通園です。始発のJRに乗るために朝は五時に家を出るそうです。
JRを降りてバスに乗りますが、早朝は菜園方面の直通バスが無いためいったん市内に入ります。
JRだけで片道約¥1,500。1時間40分ほどです。
雨が降ったり、遅くなったりするとタクシーに乗るようです。
JRから約¥2,000だそうです。
最近はなかなか許可してもらえないようですが、車で来ることもあります。
その場合でも高速はおそらく片道¥3,000はかかるのではないでしょうか。
しかも家がオーッ市市内に深く入り込んでいるので結構渋滞します。だから時間もJRよりかかるでしょう。

帰りもまた大変です。
前にも書いたように田舎なのでバスの便がとっても悪いのです。
みんな、気が付いたらJRまで乗せていってあげるようにしていますがそれでも、もの凄い格好です。
戦後の闇市を思い出します。(思いださん!思いださん!そんな世代じゃありませんって!)
ちなみにこの婆ちゃん、毎日仕事にも行ってます!!

みんなそうなのですが、菜園だけなら苦労してこんな所までこなくても近くにいくらでもあります。野菜を育てるのなら近くに畑がある方が良いに決まってます。
大変な思いをしてまでここへ来るのはやはりこの地の魅力にはまってしまっているのでしょうね。何がそんなに良いのかと聞かれてもちょっと簡単には答えることはできません。漠然とそして意味不明瞭に「ワンダーがあるから」とでも答えておくのが一番無難で的を得た答えなのかもしれません。
実際、「近所の菜園借りたらいいのになんでここまで来るの?」と聞いてもだぁれもまともに答えてくれません。多分みんな自分でも不思議に思っているのじゃないでしょうか。
田園風景A


ブログランキング
関連記事

コメント

Post

管理者にだけ表示を許可する

« BACK  | HOME : TOP NEXT »

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
06月  «  2017/07  »  08月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。