週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土にIT

しまったーっ!
指は災いの元。腹水、盆に帰らぬ・・・(登場2回目)!

コメントに、前後の脈絡あいまいな、感覚的1行をにすべりこませたために、⇒【自然と暮らす出張所】さん
【パソコンと農業は相性が良い】という記事を書く羽目に!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



まぁ、その辺のことは太古の昔から陰陽5行説でも説かれている事だ。

まずは陰陽説についてでも語ってみようか。
陰陽説とは世界の全ては、陰と陽の一対から成り立っていると説く、人のココロは陽で、体は陰、生はココロと体の結合、死は分離であると説かれる。
陰陽の対立は消長を繰り返し陰きわまれば陽となり、陽極まれば陰となって螺旋状に進展してゆくのだ。
太極

太極図


農とパソコンとは、大地と知、自然と人工、全体と枝葉、循環と停滞、結実と製作、空間と亜空間、リアルとヴァーチャル、四季と無機、気と電。

五行説で云うところの”土生金”、
まさに陽と陰の関係である、太極を描きながら、新しい生活の形を作っていくのだ。
技術や経済の伸展の軋轢に耐え切れないほどたまった摩擦やストレスは大地にアースされてエネルギーをリフレッシュさせてゆく。無機化を始めた知に生命力を吹き込んでゆくのである。

パソコンに一日中向き合っている人間には陽と命にあふれた畑に出ることはとても相性の良い事がわかりますね。(かな?)

同じように、一日中畑作業している人にもパソコンは必・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・????



ラドンm(..)m m(..)m m(..)m m(..)m m(..)m m(..)m m(..)m m(..)m m(..)m m(..)m



結論
修正のきかないコメントは本文以上に良く推敲してenter入れましょう!


週間ブログランキング くつろぐ
関連記事

コメント

2006-01-15 »| URL | せんめい ... edit
お題をいただいたようで楽しかったです!
半分冗談で書き始めていたのですが、考えていたらやっぱり陰と陽なんですね。
N極とS極があるようにそれで補完しあって完全なんですね。どちらかに片寄りすぎるのが良くない?!
愛と憎しみも波動としてはまったく同じ形だと聞いた事があります。
2006-01-15 »| URL | シンヤン ... edit
おはようございます☆
いや~、ボクがいらぬコメントを返したばっかりに予定外のことを書くことになってしまわれたようで申し訳ないです(^^;)
とはいうものの、そのことで今回のこの記事を読めたんだからボク的には結果オーライかなと(^^)
物事は表裏一体、相反することも突き詰めれば相互に無関係ではなく、PCと農業も表面だけを捉えれば無関係に思えても、どちらか片方だけよりも両方に関わることで、より良い結果が生まれるということですね。
ps.FC2のブログはPassを入力してあれば修正が出来ますよ(^^)
(、書き込んだ後スグならともかく、他の人が読んでしまった後に修正するのはどうかとも思いますが)
2006-01-15 »| | ... edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-01-15 »| URL | maru ... edit
過去ログを読ませていただいたところ、せんめいさんと僕とは考え方がとても似てるように感じました。
僕はといえば、物の価値の源流を訪ねるうちに農に行き着いたような感じです。
2006-01-14 »| URL | せんめい ... edit
私もつい最近、その本ではないですが、毎日新聞で養老さんと(どわすれしました)の対談を興味深く読みました。
彼は体を使えと言っているのですね。肉体労働しろということではなく、頭で理解するのでなく体で判断できるようにしろといっています。
それも私が農に入った理由でもあります。
でもパソコンはパソコンで手放すことはないですね。
今の段階はという条件付ですが。
2006-01-14 »| URL | せんめい ... edit
maruさんはじめまして。
実はあのコメントmaruさんのコメントに触発されたところもあるのですよ。あ、このことも書きたい、でも雨も降ってきた。帰らないと!という事でenter!です。

実際のところ、私たちのように都会から田舎暮らし、もしくは2地域居住をしようとしているものにとってはネットは大きなインターフェースなんですね。ストレスの解消にもなるし、都会とのつながり、仕事の継続にもなりますから、離すことはできないですね。
農家の人にとってもダイレクトな営業ができるということはやはり新しい形ということでパソコンとネットはやっていった方がいいですね。
2006-01-14 »| URL | maru ... edit
先日電車で週刊文春の中吊り広告を見ると、養老孟司さんの「パソコンを捨てて農作業せよ」という記事を発見。
僕だったらパソコンは捨てないな~、と思ったのですが、その記事は「天下の暴論2006」という特集だったようで、なるほど暴論なら仕方ない。
中吊りしか見ていないので、本当のところはどうなのか判りませんが。
2006-01-14 »| URL | maru ... edit
はじめまして。maruと申します。
僕も農業とパソコンは相性がいいと思います。
これからは農に携わる人や消費者たちがインターネットを通じたコミュニケーションを取っていくことが大切だと思うからです。
また、農業でもパソコンでデータを管理し分析することが役立つのではないでしょうか。

僕は一日中パソコンに向かう仕事なので、あの「感覚的な一行」に激しく共感してしまいました。

また来ます、どうぞよろしくお願いします。

Post

管理者にだけ表示を許可する

« BACK  | HOME : TOP NEXT »

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
03月  «  2017/04  »  05月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。