週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧暦

カテゴリー  【野菜畑の春 】

旧暦月の公転12回分、354日(29.53×12)と地球の公転365日を組み合わせて、実際の太陽と地球と月の位置に基づいて作られた暦です。

作物の生長や自然現象は旧暦の方が実際に沿っているものだと言う事はアバウトで知っていましたが、毎年かなりのずれがある事を今回知りました。

分かりやすいところで春節(元旦)

2003年
新暦2月1日

2004年
新暦1月22日

2005年
新暦2月9日

2006年
新暦1月29日

2007年
新暦2月18日

これで見る限りでは、最大で1ヶ月近くもずれがある。
来年の2月18日は一昨年では1月22日の気候と同じだと考えないといけない。
新暦の元旦は旧暦では別の日だと知ってはいても、こんなに毎年ずれがある事を知っている人はあまりいないのではないでしょうか。
もちろん農業、漁業の人はご存知でしょう。
私のようなにわか農民は気がつくのが遅すぎるのです。

例えば、私は去年ジャガイモを3月21日(新暦)に植えましたが、これは旧暦の2月12日。
今年の旧暦2月12日は3月の11日(新暦)なのです。

だから、先週、まだ早いと思ったけど、実は先週でよかったのです。
あるいは去年の植付けが早すぎたのです。
旧暦の植付け適時を知らないのでどちらが正しいかは分かりません。
春一番が今吹いていることを思うと旧暦の2月20日ぐらいが正しいのかもしれません。

蒔き時、植付け時は旧暦で知っておかないといけないのですね。

ブログランキング
関連記事

コメント

2006-03-20 »| URL | せんめい ... edit
今年はさむいねぇと感じたとしても今年が寒いのじゃなくて私が暦を先走っているんだぁ。

よりどころが違えば真理も異なってくるのですねぇ。

甘言必ずしも良い話にあらず。人間万事塞翁が馬。

わらしべ長者。災い転じて福となす。

・・・結びの言葉がでません・・・
2006-03-20 »| URL | purple ... edit
毎年そんなにずれがあったのですねぇ~。ついつい、旧暦の存在はあまり注意せずに通り過ぎてしまいがち・・・。作物の生長や自然現象が旧暦にそっているのならば、人間の生理もそちらよりなのでしょうね。
自然にそうことがやっぱり大切なことよね~と最近ひしひしと感じます。
2006-03-18 »| URL | せんめい ... edit
こんばんわ
月の満ち欠けと旧暦の日付とは一致しないですよね。
私もまだまだ分からないことが多いのでもっと勉強しないとと思っています。昔の人が何千年もかけて体験的に作っていったものだけに奥が深いです。
2006-03-18 »| URL | ルーズメリー ... edit
本当ですね。
実感として、時間のずれが分かりません。
昨年、私のH.Pの方の【中秋の名月】と言うタイトルで、『(略)旧暦で数えられる行事は、現行暦では年毎に日にちが違ってきます。』と書きました。
ただ、月を見ると満月になるその時は、やはり「旧暦の時が、ちゃんと刻んでいるんだな~」って、思っていました。
〔自然〕って凄いですね。

Post

管理者にだけ表示を許可する

« BACK  | HOME : TOP NEXT »

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
03月  «  2017/04  »  05月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。