週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末田舎暮らしはいつでもできる

本格的に田舎暮らしをしたいと思っている人はかなりいるのではないかと思いますが、実行に移す前に週末田舎暮らしでシュミレーションしてみた方がいいのでは?

田舎暮らしは両刃の剣、大変な事も結構あるでしょう。単に今の状況から逃げ出したいと思っているだけならどこへ行っても同じです。いい所だけしか見なくてあこがれたまま実践するのは大変危険なことです。人間関係、利便性、体力等、いろいろあります。例えば年齢、中高年の方がいきなり就農したいといっても自治体によっては40才ぐらいまでしか受け付けてないところもあります。第一、回復力と適応力の衰えた体で職業として農業したいというのは非現実的な話です。
もし今より10歳若くて、田舎暮らしをするとしても農業を生業とするつもりはありません。あれは大変です。労働としても大変、それよりも天候に左右され、病害虫に左右され、台風のような広範囲の(可能性の高い)災害で致命的な被害を受ける。私にはとてもできません。せいぜい家庭菜園で責任の無いものしか作れないです。
で、週末田舎暮らしで予行演習。
自分に何ができてどうしていきたいのか、見極めてからでも遅くないでしょう。
現地に家を買う必要は無く、あれば便利ですが借りる必要もありません。

だいたい日本なんて狭いのだから、例え東京の都心に住んでいたとしても2時間もあったらどこか山里にいけるでしょう。実際には郊外に住んでいる人がほとんどでしょうからなおさら近いはずです。気に入った場所を探して何らかの拠点を作って通うようにすればいいのです。

一時的でも良し、将来移り住む計画を立てても良し、いずれにせよ生活は変わっていくはずです。

もし移り住むつもりなら、移り住みたい場所で週末暮らししたほうが良いですよ。田舎の人脈作りは結構大変で、またユニークなものができますからね。


こんな本がありました。私の本ではありませんが
週末は田舎暮らし
関連記事

コメント

Post

管理者にだけ表示を許可する

« BACK  | HOME : TOP NEXT »

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
03月  «  2017/04  »  05月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。