週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末畑は発酵堆肥を作れるか

秋ですね。
落ち葉の季節です。
これぐらいの季節になると堆肥を作りたい!」
と思うのです。
落ち葉が美味しそうに、そしてもったいなく見えてしまいます。
山道を走っていても、あ~、堆肥ぃ!と目移り甚だしく・・・。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

それで、本を引っぱり出してくるのですが、読み進むといつもあるところで引っかかってしまいます。
温度管理と切り返しです。
発酵分解して70°Cぐらいになった段階で切り返しを行い、温度を下げ、乳酸、酵母菌発酵に切り替えてやらないと、アミノ酸が無機質にまで分解されてしまいあまり良いのができないとのこと。

だいいち、今どの状態なのか、週に1回の検温じゃぁ判断できるわけがない。
登りなのか下りなのかもわからない状態では、できているのかできていないのか?
最終的にできあがったのかさえもよく分からない。

そういうことで、毎年あきらめていたのです。
まぁ、実際には考えるまもなく時期が過ぎてしまったという要素が大きいのですけど。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

今年も考えていました。・・・・・

「そうじゃ、温度さえ記録できたらええのじゃな。」
「といってもなぁ、今更8bitCPUボード買ってプログラミングしてなんて無理じゃなぁ。・・・」
「そういやぁ、データロガーっていくらぐらいするもんじゃったかのぅ?」(昔話かい)
「・・・・・」
「なになに、オンドトリJr?1万6千円!?ホォー案外安いものなんじゃな。わしゃ10万ぐらいするんじゃ思とったんで検討したこともなかったわい」
「よっしゃぁ、これならワシでも手が届くんじゃ。検討してみるかいのぉ・・・。」

ということで、わかりにくいWeb上の資料をひっくり返して調べたところ、このセットが良いのではという結論に達した。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

RTR-52  17,640円






  • 1ch外付センサー付き

  • 測定範囲:-60~155℃

  • 記録間隔:1秒~60分 計16000データ

  • 防水性能:JIS4級(防まつ型・生活防水)

  • 無線方式:特定小電力無線(ARIB STD-T67)

  • 伝送距離:100m見通し良好直線

  • 動作環境:温度:-40~80℃

  • データコレクター:RTR-57C

  • ソフトウェアー仕様:動作環境:Windows/98/Me/Nt4.0/2000/Xα


と、(無線データ収集装置)のRTR-57U 36、540円とのセットで温度データを収集できます。


端末部はまぁ手頃かなと思いますが、データーコレクター部がちょっと高いですね。無線じゃなくてもっと原始的でも良いのですけど。
どうも他にはなさそうです。



・。・゜★・。・。☆・゜・。・

必ずしも、データをパソコンに取り込まないといけないことはなく、端末で全て表示できるのなら(要確認)それでも十分です。
とりあえず端末だけ購入してみるべきか・・・・。

RTR-52の方は、
堆肥の奥にセンサーを入れた方がいいだろうから外部センサータイプです。
あと、防水型と温度が70°C以上に耐えられるタイプというのがポイントです。
この機能は無くて十分なのですが、無線でのデータ吸い上げなので端末はセットしたままでデータ回収できます。

以上、もう少し検討してみましょう。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


データは無くてもなんとかなりますが、素材はなければ話になりません。
大量の米ぬかおよび藁をどこで入手するか??(藁は無くても良いが)
これがまず解決しないといけない問題です。

やはりJAに聞くのが手っ取り早いかな。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・


関連記事

コメント

2006-09-28 »| URL | せんめい ... edit
サルネエさんおはようございます。
菌床があれば十分です。
切り返しはなかなか大変な作業ですよね。
コンポストのような容器では重労働です。
平面にA、BとあらかじめB用の場所も作っておくのが楽でしょうね。
仕上がりはなかなか分からないものです。
誰かに見てもらうのが一番です。
2006-09-27 »| URL | サルネエ ... edit
おはようございます(^_^)
私も堆肥を作りたいと思い、今年挑戦しました。
近くのきのこ工場に行って菌床をもらってきました。
はじめ1ヶ月くらいは切りかえしていのですが、だんだんと少なく・・・・
で、一応秋冬野菜を植える時にまきましたがちゃんとできあがっているのかはわかりませんでした。

せんめいさんはハイテク機械を使いこなせるのでたのもしいですね(^_^)

※藁はホームセンターで売っているのですね。でも高いですね(@_@;)
2006-09-26 »| URL | せんめい ... edit
そう。高い!
未だ決断ならず。

やっとためたへそくりがほとんど無くなってしまう!

もっと楽しいことに使うべきではないのか??

レンズとか・・・。f(^_^;/□
2006-09-26 »| URL | purple ... edit
堆肥を作るのも色々と大変なのですね・・・。
しかも温度計、結構お値段も張るんですねぇ~。
う~~ん(@ @;
2006-09-23 »| URL | せんめい ... edit
自然農法ってすごいんですね。
2006-09-23 »| URL | 耕作人 ... edit
自然農法に出会う前は僕も堆肥作りを考えていて、雑木林から落ち葉を拾ったり、ホームセンターで鶏糞や腐葉土を買ったり、なつさん同様お金をかけていました。

でも今はそんな面倒な事はしてません。
堆肥は業者から譲ってもらったものが少しありますが、それはかなり予備的な使い方です。
今はメインとして、伸ばしまくった畑の雑草を刈り取って、畝などに敷いておくだけで、発酵促進剤として米ぬかをパラリと撒く程度です。

こうすることで表層にいる土着菌が、自然に雑草を分解して、自然に堆肥になるのを待っているだけです。

バラつきはかなりありますが、それでもかなり育ってくれますよ。
それと肥料分が少ないから病害虫の発生がかなり低く感じます。

詳しくはこちら ↓
http://lib.ruralnet.or.jp/genno/yougo/index.php?%C9%BD%CC%CC%A1%A6%C9%BD%C1%D8%BB%DC%CD%D1
2006-09-23 »| URL | せんめい ... edit
なつさん、こんにちは。
始めのうちはなにかとお金かかりますよね。
私もこのごろやっと物を揃える必要が無くなってきました。今年は種も何種類も採種しました。
堆肥作りもEM漬なんかもちょろちょろやっていたのですがどうもお金がかかります。それなら最初に一気に作っていたほうがよさそうです。
2006-09-23 »| URL | せんめい ... edit
まるさんも持っていたのですか。よかった!、物好きな人が他にもいて(^^)♂♂

TR-71は単独で使用できそうですね。でも防水じゃなさそうなのであきらめました。

どうせなら、温度、湿度と気圧が測定できれば遊べるのですけどね。
2006-09-23 »| URL | なつ ... edit
私はまだ家庭菜園暦が浅いせいか、
野菜の苗を買ってきたり、腐葉土などはホームセンターで購入したり、野菜を作るのにかなりお金をつぎ込んでいました。
最近になって収穫した野菜から種を回収したり、野菜くずを堆肥にして使ったり、少しずつお金をかけずに野菜作りをはじめるようになりました。
2006-09-22 »| URL | まる ... edit
堆肥作りもなかなかむずかしそうですね。
週末だけの管理となるとさらに大変そう。
でもおんどとりでなんとかがんばってください。
ぼくも自宅周辺の気象観測用にUSB接続タイプのTR-71Uを購入しました。
でも最近チェックしてないです。
暑い夏には何度まで上がったのか見るのが楽しかったのに、いまのように涼しくなると気象にあまり興味がわかなくなるんですね(^_^;)。

Post

管理者にだけ表示を許可する

« BACK  | HOME : TOP NEXT »

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
09月  «  2017/10  »  11月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。