週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダマシだまされ天の虫

カテゴリー  【野菜畑の春 】


畑のブログをやっていると気がつくが、毎年決まったように同じテーマを繰り返している。
自然が相手なのだ。
それが道理なのだからしょうがない。
(あっ!「しょうがない」っていっちゃいけないんだ!と時事ネタも混ぜてはみるが…)
まっ、これぞ、大いなる循環です。
繰り返しているのではなく前へ進んでいるのです。(軍馬談)
そういうことで・・・。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

先日、ジャガイモの一列を収穫しました。
ジャガイモは短期間で収穫できる上に、鳥獣に荒らされることもなくて作りやすい作物です。
しかし、テントウムシだましとの戦いが避けられません。

昨年は軽く見過ぎて大繁殖し、早々と枯らしてしまいました。
今年は早いうちから視認で取り除き、割と押さえてきましたがそれでもこの時期どっと増えています。
枯れて食べるものがなくなった奴らは近くのレタス、イチゴなににでも移っています。
その手の作物には繁殖しないのでまぁいいのですが、同じナス科のトマトに移られたら大変です。
なんとしても殲滅させなければいけません。
もちろん薬は使いません。

手で潰せない私は、袋や蓋付のビンをもって葉の裏から地面まで丁寧に見て、取っていきます。
畝の端までやっとたどり着き、振り向くと「おいおい【T_T】」てなぐらい湧いています。
ヒッチコックの「鳥」より怖いです。
この間に袋の中には100匹以上貯まっています。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

今日は収穫なので、抜いてしまえば良さそうに思えますが、そうもいきません。
収穫で茎を抜いてしまうにしても、奴らちょっとした刺激でポロリと地面に逃れてしまいますので引き抜く前にある程度取り除いておかねばいけません。
減らしたところで引き抜くのですが、今年は大きなゴミ袋を用意してそれに慎重に突っ込みながら抜いていきました。

抜いたのを放置しておくのも危険なのでだまし共々乾燥させます。
その後、別途焼却です。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

いままで作物の収穫屑を一ヶ所にまとめていましたがそれだと病気の葉もなにもかも混ざってしまうので後で堆肥にもできなく、積み重なっていくと乾燥もしないので焼却できません。
めんどうでも今後は野菜くずはゴミ袋に集めていくことにしました。

後で分別処理するのです。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・

分別処理で思い出したのでついでに書いてしまいます。
京都市は有料ゴミ袋で収集の有料化を既に実施しているのに、実質ゴミ分別はしていません。
有料化でゴミを減らせるとかふざけた事を言っているようです。
あの大阪市でさえちゃんと分別しています。
仕事せずに給料だけ取っていた職員が大勢いたのも京都市の環境局です。


京都議定書」などと名を冠するぐらいだからどんな素晴らしい環境取り組みをしてるのだろうと思っていたら見事に裏切られましたぞ近藤さん。
「許せん、天誅虫ダマシ!」
・・・と、無理やり、落ちを取ったような滑ったような・・・_(._.)_


関連記事

コメント

2007-07-07 »| URL | せんめい ... edit
何年か前、長岡京市を歩いたとき分別の細かさに驚きました。だから京都もてっきり進んでいるものと思い込んでいたのでがっかりしたのです。
環境だ平和だといって、結局本心は別にあるというものぐらいがっかりするものはありませんね。

2007-07-07 »| URL | せんめい ... edit
sasagawaさん、それぐらいのスピードでやらないと仕事になりませんね。私なんか何十分かかっていることか。

今回発見もありましたよ。
幼虫はジャガイモの葉にもいますがメインは他の雑草にいるのですね。
卵も草のほうに産み付けられています。
ジャガイモは自分たちが食い潰すので幼虫は別にして生存率を高めているのです。
おまけに草の裏だと知らないと気がつきません。
2007-07-07 »| URL | せんめい ... edit
はるのさん、この幼虫がまた刺激を与えると不気味な黄色い液を分泌するので手がべとべとしてきます。
カメムシも手で取るのは大変ですね。
あれはそうでなくても臭いのにつぶすととんでもないことになりそうです。

京都は一応ビンカンは別袋のようです。
が、誰に聞いても一緒でええよって言います。
袋さえ分ければ良いってことなのでしょうかね。
新聞類は民間のみです。
高温焼却炉でみんなまとめて焼却してしまえるらしいのですがちょっと違うのではと思ってしまいます。
2007-07-07 »| URL | せんめい ... edit
くぅさん、正式名称はにじゅうやホシてんとう虫です。
この名前なら聞いたことあるでしょうか。
小学校の教科書にも載っていたような気もします。
ナナホシの3倍の星があって、しかもエコな草食なのにナナホシばかりがちやほやされていますね。
ナナホシの幼虫もいいかげんグロテスクですが、「よしよし」扱いですからね。
2007-07-07 »| URL | せんめい ... edit
北海道にはいないのですね。でも他のてんとう虫がたくさんいるのならそちらにもいるのかもしれないですね。
私のところのように増えるのは連作の結果かもしれません。

今回も調べてみましたが一応てんとう虫科のようですね。草食性ゆえに嫌われるのも皮肉なものです。
2007-07-07 »| URL | 旅男馬 ... edit
分別回収をし、処理業者へ渡った後、本当に分別した通りに分別焼却をされているのかが分かりません。少なくとも大阪市には高温焼却炉はなく、他の自治体に運んでいるのでしょうかねぇ。京都市は分別焼却する施設がないのではありませんか?
また、ある本によると、リサイクルゴミとして回収されたものの内、本当にリサイクルされているのはわずか1%だけで、ほとんどが焼却されているそうです。自治体は処理業者にリサイクル品を渡して補助金をもらうことしか頭になく、後処理がどうなろうと知ったことではないという。リサイクルやらされてる我々はバカバカしくてやってられないです。
2007-07-06 »| URL | 菜園ブログ ... edit
 今夕、うちの周りの茄子畑も含めて約200匹ほどすり潰しました。所要時間は約10分程でした。
 私も始めのうちは気持が悪かったのが、年と共に鈍感になって、最近は効率優先で、素早く茄子の葉と一緒に親指と人差指で挟み穫り、虫はすり潰します。今夕はこの作業を100回ほど繰り返しましたが、そのほとんどが交尾中でしたので、倍の数の戦果でした。
2007-07-06 »| URL | ちほあるいははるの ... edit
アブラムシは、ブチブチと手でつぶせるようになりましたが、テントウムシダマシは・・・この大きさだと、私も無理かも・・・。
振り返ると、取ったのがウソだったようにわいて出てると言うのが、ホント、恐ろしいですね。
トマトは、無事に収穫できますように!
ところで、取った後は、袋に集めたまま、乾燥させるのですね。
う~ん、カメムシも、この手で行こうかな・・・。これも、つぶせないですしね。

それにしても、京都は、まだ分別収集なし・・・って、全く分別無しなのですか?
2~3分別くらいも、まだしてないのですか・・・?
2007-07-06 »| URL | くぅ ... edit
テントウムシだましですか・・・初めて知りました。手強そうですね・・・
殺虫剤的な物じゃないとやっつける事難しいんでしょうか。。。
でもそれだと野菜に良くないだろうし。
皆さんどうしてるんかな?
京都はふざけてますね・・・と言ってもウチも分別してませんので大きな事は言えませんが・・・
2007-07-06 »| URL | エバーゴールド ... edit
 てんとう虫だましというんですね。ネットで調べてわかりました。こちらにはいないんじゃないでしょうか。ジャガイモの葉にはテントウ虫は付きません。テントウ虫はいっぱいいます。部屋の中で越冬しています。「だまし」がいないのは僕のところだけでしょうか。とにかくいないので助かっています。こちらでは、ジャガイモはようやく花が咲いたばかりです。まだ家庭菜園から収穫したものはありません。間引きしたミズナくらいなものです。

Post

管理者にだけ表示を許可する

« BACK  | HOME : TOP NEXT »

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
09月  «  2017/10  »  11月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。