週末田舎暮らしはハードなスローライフ

丹波の山里で週末・スローライフ。・・・10年過ぎてる!? もはや素人のふりできない?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は味方だ!

本日は2本立て!!

老化プラス視力悪化によるのだろうが、目の疲れがひどい。
最近の体の疲れも目から来ているのではと思いつつ、病院も行かずパソコンで酷使しつづけている。
今掛けている眼鏡、眼科医でゆるく処方箋を作ってもらったのはいいのだが、左右のバランスが取れておらず、きつい左眼がぼけまくり、片目で見ているような状況のため眼を開けているだけで疲れることがある。片目の方がまだ疲れないし、いっそ裸眼の方がぼやけてしまって落ち着く。
この処方箋を作って貰った医院、あの、虫に刺された跡も確認できず、視力検査命!みたいな先生だった。この処方箋で眼鏡を作るのはやめておけばよかったのだが、持ち歩いていたものでつい使ってしまったのである。

本当に、「疲労は眼から」の可能性大なので早く病院へ行こうとは思っている。しかし、眼科医ってコンタクトや眼鏡の処方箋作っているだけで医者のような気がしない。みんなそうではないのだろうが、何を基準に選んだらいいものかよく分からないもので躊躇してしまう。

コンタクトにしないお客にはがっかりするのではなかろうかと、気弱なワシは怯んでしまうのであった。
【関係なく昨日の神戸の写真】
神戸1


多分、ブログの更新に気乗りがしないのも眼のせいだ。
PIXTA他の写真の登録のための処理は、これは止めるわけにはいけない。その作業だけで十分疲労してしまうという事もある。

そういうわけだから、読書量もめっきり減った。
ちょっとこむづかしい本を読むといらいらしてくるので、そういう本はたいてい買っても斜め読み。
完読することは滅多に無くなった。

【足を切ってはいけない見本の写真】
神戸2



文庫本などは通勤電車で見ると読みにくいことこのうえない。
文字が小さすぎる。
よほど明るくしないと快適に読めない。

もっとも、宮嶋本やら福井本はするっと読んでしまうので、実は眼の問題よりも好奇心の偏りによるものかもしれない。



そんなこんなで、近頃の読書は肩のこらないマンガが主流。
今はまり込んでいるのは水木しげる
マンガだけでなく、水木しげるさん全般に興味津々である。
水木妻の「ゲゲゲの女房」まで買って読んだ。


水木ワールドは妖怪世界もいいのだが、「ねずみ男」のキャラクターが絶品です。

目玉親父・・・・「おい
          ねずみ男
          おまえ
          敵なのか
          味方なのか!」
ねずみ男・・・・「今は
          みかただ」


名言である。


このキャラクターが生きることで水木ワールドはいつまでも生き生きとしているのではないかと思う。
誰もが持つあいまいさといやらしさを明確に主張するキャラクターがねずみ男!

本来ならば、誰もそのせこさを否定できないはずで、ワシもそれぐらいの許容性を持っていたいなと思うのだが、反面、身近にこんな人間がいたら毎日切れまくって逃れたいともがくのだろうなというのも見えてしまう。

なかなか人格者にはなれませんな。
ねずみ男のような非人格者にもなれないし・・・。

【ねずみ男貯金箱】
ネズミ男貯金箱


小銭も貯まらんわ・・・。


関連記事

コメント

2008-09-07 »| URL | せんめい ... edit
くぅさん、近視は一部の人に限られますが、われわれぐらいになると遠くが見えたら近くが見えない。近くの見える物では遠くは見えないというジレンマに陥ることになります。地の視力の良い人はそれがきついかもしれませんよ。
2008-09-06 »| URL | くぅ ... edit
自分もここ何年か読書しなくなりました。
眼と言うよりも読み切る自信がなくて・・・
ホント・・目医者に行く事ないから基準が分からんですね。
眼鏡かけてる友人等から情報収集してみないと。。。

Post

管理者にだけ表示を許可する

« BACK  | HOME : TOP NEXT »

管理人:せんめい

せんめい

▽全記事一覧表示

過去記事月毎一覧
05月  «  2017/06  »  07月

■リンク
コメント

■週末田舎暮らしPeople
■素人鳥見隊People
■やさい写真People





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。